貴女は手相に「復縁線」が無いから、復縁は難しい。

そうやって言われて、悩んでしまった女性がいました。

今回はそんな「復縁と手相」を正しく知るためのお話です。

手相が悪いとうまくいかない?

手相とは、実はとても歴史の長いものです。

そんな歴史の長い手相ですから「手相が悪い」と言われると不安になるのは仕方がないとは思います。

でも安心してください。

手相が悪いと言われても「復縁できない」なんてことはありません。

私の相談者さんにも「復縁をするには最悪の手相」と言われた方がいましたが、無事復縁されています。

手相を違うところで見てもらったら…

さきほどお話した「復縁をするのには最悪の手相」だと言われた方は、実は他の場所でも手相を見てもらっていました。

そこでは

「恋愛は苦手そうだけど、努力次第ではなんとかなるはず」

と言われたそうです。

 

そして彼女がもう一度、最初に手相を見てもらった場所に行くと…

やっぱり「復縁をするのには最悪の手相」だと言われてしまったのです。

これは、手相を見る人の「言い方」の違いというものが大きくわかるエピソードですね。

インターネット上の情報は?

インターネット上で、復縁に関する手相を調べると、いくつもサイトが出てくると思います。

それを順番に見てみると、貴女はあることに気がつくでしょう。

 

「あれ?サイトによって書いてあることが少しずつ違う」

 

これはサイトを見比べれば見比べるほど、出てくる感想です。

 

その中の、復縁に関する手相の多くが「結婚線」というものを中心としたものです。

それを「復縁線」と呼んだりするのですね。

その中でも復縁できると言われているのが

「結婚線が二本並んでいる場合」

「結婚線が途中で分かれている場合」

ですね。

 

ただ、それ以外にも、それぞれのホームページ「オリジナル」のものも掲載されていたりします。

手相とは、ある程度の基本がありつつ、そこから別れたいろいろな「意見」が存在するものなのです。

だから見る人が混乱してしまうわけですね。

手相は必要ないの?

手相が悪くとも、復縁はできる。

これは私の経験上間違いありません。

では、手相は必要ないのでしょうか?

私の考えでは「必要ないということはない」というかんじです。

 

手相にしろ、名前占いにしろ、占いというのはもともと歴史のある、深いものです。

そういったものに頼ることで、貴女の気持ちが楽になるのであれば、それは充分な効果があったと言えると思いませんか?

 

 

また、手相は比較的、元々の決まりがはっきりしているので、少しでも勉強すれば素人でも始めれるものでもあります。

なのでたまに…言い方は悪いですが悪質な人にひっかかってしまう時があるので気をつけましょう。

怖い言い方をして、高いお守りを買わせたりするパターンですね。

 

逆に「手相に本当に詳しい人」は意外と少なかったりします。

手相とは、しっかり覚えようと思うとかなり難しいものだったりもするのです。

こんな人は気を付けて

私はどちらかと言えば、勇気づけられたりきっかけになるのなら、占いなどはおすすめするタイプです。

ただ、それは誰にでもというわけではありません。

性格によっては、それはマイナスになってしまうからです。

例えば

思い込みが激しい人

とかですね。

占いで悪いことを言われて、そのままどんどん落ち込んでしまうような人は、占いをしないで、現実的な努力を積み重ねるだけにしたほうが、精神的に安全な場合があるのです。

 

ネガティブに考えやすい人や、人の言うことに左右されやすい人も注意が必要です。

まとめ

手相をはじめとする占いが大好きだという女性は、実に多いものです。

なにもない時であれば、占いをただ純粋に楽しむのも良いでしょう。

ただ、復縁という目標があるときはそんな占いも、ちょっと考えて付き合いたいものです。

悪い結果にふりまわされるなんて、絶対に無いように。

貴女が占いをするのは「復縁ができるかどうか」を見るためではなく「復縁をするためにプラスにする」ためだということを、絶対に忘れないようにしましょう。