引き寄せの法則の効果で元彼と復縁!

本日は、ネガティブに考えてしまいがちだからこそ、潜在意識に呼びかける…そんな方法で復縁を成功させた方の紹介です。

体験談を読む方へのお願い

今からお話する体験談は、私さき(当サイト管理人)が実際に相談を受けて、アドバイスをした方のお話です。

個人の特定を避けるため、一部フェイクを混ぜていますが、話の大筋や重要な部分は変更しておりません。

登場する名前は全て仮名で表記しています。

また、この体験談は許可のもと掲載しております。

当記事を紹介される場合は、引用元となる「当ページのURL」を一緒に掲載していただくようお願いします。

TwiterやFacebookでシェアされる場合も、同様にURLの記載をしてください。

記載なしの無断転載はご遠慮ください。

奈緒子さん(仮名)の復縁体験談

奈緒子さんが彼と別れたのは、彼女の誕生日の直前でした。

交際期間は4年。

同じ職場で出会った彼から「もう耐えられない」と言われ、奈緒子さんは振られてしまったのです。

彼女自身、彼が何に「耐えられない」と言ったのかは、自分でよくわかっていると言っていました。

奈緒子さん自身の悪い癖…「ネガティブに考えすぎる」ということです。

そんな彼女を元気づけようと、いろいろと考えるのに彼も疲れてしまったと言います。

特に喧嘩とか事件があったわけでもなく、終わった恋愛。

 

完全に落ち込み、仕事もやめてしまった彼女…それを心配した奈緒子さんの知人が、私を奈緒子さんに紹介しました。

私は奈緒子さんと、いろいろ話をしてみましたが、冷静さを取り戻すことはなかなかできませんでした。

 

彼女の心の中は彼への罪悪感と、自分のネガティブさに対する自己嫌悪でいっぱいだったのです。

そんな彼女が、今無理して復縁の努力をしてしまうと逆効果なことは、目に見えてわかりました。

 

そんな彼女に私が提案したこと…それは

「引き寄せの法則の効果」

に頼ることです。

 

簡単に言えば「ポジティブに考えれば、良い結果がついてくる」ということですね。

ただ、この引き寄せの法則についても奈緒子さんには「気楽に」考えて貰う必要がありました。

だからこそ、引き寄せの法則を難しく考えないためのお話をさせていただくことから始めたのです。

▼難しく考えないで!引き寄せの法則
>>引き寄せの法則と効果を解説!元彼との復縁に役立テクニック

彼女がはじめた引き寄せの法則は「ポジティブ」ではなく「ネガティブ」からスタートするもの。

「ネガティブだからこそネガティブな人の気持ちがわかる」

ということを狙ってもらおうと思いました。

奈緒子さんのネガティブさを、あえて武器とすることで、彼のネガティブな気持ちを引き寄せる。

ちょっと強引ですが、奈緒子さんには「引き寄せの法則」をそう解釈してもらいました。

まずは

「目的はあくまでも復縁、引き寄せの法則を正しく実行することではない」

この考えを持つところから。

ただ、これも含め「引き寄せの法則」を実行するのは、後々の目標としてもらいました。

 

まずはそれ以前に、彼女にはやってもらいたいことがあったのです。

それは、自分磨き。

自分自身を成長させる努力です。

 

この時にも、彼女には無理して「ポジティブ」に考えず、ネガティブをエネルギーにしてもらいました。

簡単にいえば「私はダメだから、努力しなければいけない」と思ったままで良いですよ、ということです。

ただ、努力は確実に。

美容、ダイエット…目に見える、結果のわかりやすいことをメインに彼女には1ヶ月頑張ってもらいました。

 

そして1ヶ月後、もう一度彼女と私は復縁の打ち合わせをしました。

 

▼奈緒子さんがした努力は?

>>元彼とよりを戻したい!復縁の可能性を高める3つの自分磨き

 

その時の彼女は、ある悩みを抱えていたのです。

それは

「ネガティブをエネルギーにするはずなのに、自分磨きをやっているとポジティブな気持ちになってしまう」

という悩み。

 

奈緒子さんらしい発想ですね。

でも実は、私はそれが狙いだったのです。

私は奈緒子さんに私の隠していた話を、謝罪とともにさせていただきました。

本当は「日々自分が綺麗になる努力をして、ポジティブな気持ちを引き寄せてもらう」のが目的だったということを。

彼女には、自分磨きを通して「ポジティブになるように」と自分の潜在意識に呼びかけてもらっていたのです。

彼女は怒らず、素直にその意図をくんでくれました。

 

そこで覚えた感覚。

ネガティブを、ポジティブに変えるのは「強く自分に言い聞かせる」ことではなく、地道な努力を積み重ねるもの…

人はいきなりは変化できないけれど、少しずつは変わることができる…

 

それを元に、奈緒子さんは元々の目的である

「ネガティブだからこそネガティブな人の気持ちがわかる」

という部分に着手してもらったわけです。

 

自分磨きをして、ポジティブな気持ちを手に入れた彼女は、以前より少し余裕がありました。

そんな彼女は「今なら彼の気持ちがわかる気がする」という部分まで考えることができていたのです。

 

そこから見えてきたのは、ある事実。

彼女がネガティブに考え始めてしまった原因です。

それは、彼の浮気。

 

数年前に合った彼の浮気から、彼女は不安を抱えやすくなっていたのですね。

 

ここで改めて彼女に私は聞きました。

「復縁したいですか?」

これに彼女は、真っ直ぐな気持ちで「はい」と答えました。

そこから彼女には、ずっと連絡をとっていなかった彼と連絡を再開するノウハウを覚えてもらいました。

▼復縁のための連絡のとり方
>>元彼と復縁するためのメールの作り方と5つの例文集

 

彼女はそこから、自分磨きを通して「自分の潜在意識に呼びかけた経験」を活かして彼へのメールの言葉選びをしました。

今度は彼の潜在意識に呼びかけようとしたわけですね。

 

自分がなぜネガティブになっていたかをしっかりと見つめ、彼の中にあるネガティブを傷つけないように、そして救えるように…

そこから彼女は、彼といろいろな話をしたといいます。

 

その時、彼女は自分から彼へ「数年前の彼の浮気」についての話をしてもらいました。

不思議に思う方もいるかもしれませんが、そのおかげで二人は「ずっと言葉にできなかったこと」を話し始めることができたのですね。

 

そこからの二人の話し合いは、とても長いものでした。

彼はそんな「浮気の過去」を反省し、彼女にある約束をしたのです。

「自分が今から3ヶ月、他の女性と友人としてでも遊んだりしないのを見ていて欲しい、それから復縁して欲しい」と。

 

彼は奈緒子さんに、自分がもう浮気をしないということを証明したかったのですね。

奈緒子さんは彼のその申し出を受け入れ3ヶ月待ちました。

それから毎日、彼は一人でいる証拠の写真付きのメールをくれたそうです。

約束の3ヶ月がすぎる前に、何度も奈緒子さんは彼に「もう大丈夫」と伝えたそうですが、彼はしっかり約束を守ってくれたそうです。

3ヶ月がすぎ、無事復縁。

二人は今、同棲生活をしています。

まとめ

本日のお話、どうでしたでしょうか。

よく聞く復縁の体験談とは、少し違ったものだったかもしれませんね。

でも、復縁は人それぞれ。

奈緒子さんたちのような、自分と彼に合わせたやり方をとって復縁するということは、ある意味では復縁の基本中の基本なのです。

彼の浮気にふりまわされて別れることになった彼女が、その過去をきっかけに復縁をする。

とても素敵な話だと思いませんか?