元彼と復縁をしたければ「別れて1ヶ月」は連絡をしたらダメだという話を聞いたことがある人は多いのではなないでしょうか。

これはある意味は正解で、ある意味では不正解なのです。

今回は、そんな「1ヶ月」の意味をお話していきます。

なぜ1ヶ月なのか

ネット上や書籍で、彼と連絡をとらない期間として「別れてから1ヶ月」を指定していることは珍しくありません。

これには、いくつか理由があるのです。

 

まずは、わかりやすいこと。

1ヶ月という期間は、人間にとって一区切りでもあるので、感覚がつかみやすいのですね。

 

次に、ある程度「長い」期間であること。

復縁には冷却期間といって、貴女と彼の気持ちを落ち着けるための時間が必要な場合があるのですね。

その期間は、短すぎると「気持ちが落ち着かない」ので、少し長めに見ておくわけです。

もし冷却期間が短かった場合、余計に彼の気持ちを悪い方へと動かしてしまう可能性があるのですね。

それに冷却期間は「失敗したらやり直せば良い」なんていう簡単なものではないので、一回を大切にしなければいけないのです。

 

だから長めの1ヶ月。

例えば、

別れた直後は辛い別れ話からの「開放感」に支配されていた感情も、1ヶ月経てば寂しさに変わり、貴女の良い所を見直す…

なんて時間をしっかりと彼に与えるイメージですね。

このような理由があるので、別れて「1ヶ月」は連絡をとるべきではない。

と言われているのです。

1ヶ月を信じたら失敗した!

1ヶ月という期間を信じたら失敗した。

これは実はよくあることなのです。

 

その原因は、かなり厳しい言い方ですが

『貴女が何も考えなかったから』

です。

 

復縁とは、人間が望むものです。

当たり前のことですが、全ての人が同じ方法で復縁できるとは限らないのですね。

例えば「自然消滅」と、「喧嘩別れ」では復縁方法が違うことは、少し考えたらわかるはずです。

だから1ヶ月という数字は、参考にしても、鵜呑みにしてはいけないのです。

あくまで参考なんですね。

 

この1ヶ月、どうして失敗するかというと

状況によっては

・冷却期間をもたないほうが良い場合

・冷却期間を長めにとったほうが良い場合

というものが存在するからです。

そういう時に、何も考えずただ1ヶ月連絡をとらないようにしてしまうから失敗するというわけです。

1ヶ月を正しく過ごす、大切な考え方

別れて1ヶ月。

この段階で、貴女が何をするべきか。

それは、しっかりと状況を把握し、できるだけ早く、「復縁の努力を正しくできる状態」にすること。

そのためには、復縁というものがどういうものか把握しておく必要があるのです。

以下の記事より復縁の基礎講座の飛べますので、どうぞ参考にしてください。

▼復縁の基礎を学ぶ
>>3ヶ月で復縁の土台を作る!失敗しない元彼との復縁方法まと

 

別れてすぐに、どれくらい早く、冷静になり復縁のプランをたてられるか。

これがかなり勝負どころです。

別れて1ヶ月。

この期間は「別れたばかり」という特殊な状態であるということを、忘れないようにしてください。

このタイミングを逃すと「別れたばかり」という状態は、二度とめぐってはきません。

この時にしかできないことを、逃さないようにしっかり基礎を勉強しましょう。

貴女の別れ方がどんなふうで、何がこれから必要なのか。

別れたばかりのつらい時期だとは思いますが、復縁のために今こそ頑張らなければいけません。

まとめ

本日のお話どうでしたでしょうか。

別れて1ヶ月。

この時期は、貴女が一番冷静になれない時でもあります。

彼との別れの瞬間、そして思い出。

様々なものが貴女の心をかき乱すでしょう。

そんな時は、ネットとかでなんとなく見つけた情報を、何も疑わず信じてしまうものです。

絶対復縁したいからこそ「復縁に絶対はない」とおぼえておきましょう。