別れてからの妊娠発覚…

もちろん、元彼は自分の子を貴女が妊娠しているなんて夢にも思いません。

 

そんな時、復縁を求める前に貴女が何をするべきか…

本日はそんな「妊娠」に関するコラムになります。

妊娠の事実をできるだけ早く伝える

妊娠がわかったら、できるだけ早くに彼に妊娠を伝えなければなりません。

子供が生まれる前にやらなければならない準備は、たくさんあるからです。

それともう一つ、あまり言いたいことではありませんが、中絶をする場合は「期間」があるからです。

 

そのような事を踏まえ、貴女は復縁よりも「彼に認知してもらう」ことを再優先しなければなりません。

ではここからその「彼に妊娠を伝える場合の注意点」を見ていきましょう。

彼に妊娠を伝えるときはできるだけしっかりと

別れた女性からの「妊娠してた…」

これは、かなり高い確率で嘘だと思われます。

 

悲しいことに、復縁のために男性に「妊娠した」という嘘をつく女性が多いからなのですね。(もちろん、男性側が問題な場合もあります)

 

だからこそ、貴女は妊娠検査薬などではなく、病院で検査をしておくのです。

そうすることで、確実な妊娠の証拠を手に入れましょう。

それから彼に話すのです。

そしてもう一つ、彼へ妊娠の話を伝えるときには、あまり感情的にならないようにしましょう。

できるだけ落ち着いて冷静に。

そうしなければ話がこじれてしまう可能性があるからですね。

妊娠中は、ストレスや体への負荷に弱いので、そういう意識を忘れてはいけないのです。

彼が認めない場合の回避法

「他の男の子供だろ?」

妊娠の報告をすると、このように言われてしまう女性は意外と多いものです。

過去に浮気をしたことのある女性の場合、彼の子である確証があったとしても、信じてもらえないことすらあります。

そういう場合は、まず貴女は負けないような強い心を持ちましょう。

そして、彼に冷静に「信じてもらえないなら、私と一緒に一度検査して欲しい」とお願いしましょう。

 

そうやって貴女が、取り乱したりするのではなく、冷静な対応をすることで、彼を逃げれなくするのです。

 

この時に、一つだけ覚えておきたい事があります。

男性という生き物は女性に比べ「妊娠」ということが理解できないということです。

子供をお腹に宿す女性と違い、男性は実感がわきにくく、貴女から妊娠したと聞くだけでは簡単に受け入れれない人も多いということです。

だからこそ、そういう時は「怒る」のではなく「冷静に対応」していくのですね。

 

意外と男性は妊娠という事実から目をそむけているだけだったりするのです。

そういう男性はある意味隙だらけ。

貴女が正しい対応をしていけば、貴女のいう事を聞くしか無いという場合も珍しくないのです。

家族とのやりとり

妊娠を家族に話す。

これは実はとても大切なことです。

別れた彼の子を妊娠した…というのは言いにくいかもしれませんが、できるだけ早く伝えましょう。

いずれはわかってしまうことなので、早めに家族にも受け入れてもらわなければならないのです。

特殊な事情で、どうしても言えない場合を除き、必ずそれは最優先してください。

貴女の身を守るという視点から見れば、彼に言うよりも家族に言う方が大切な場合すらあるのです。

まとめ

今回のお話どうでしたでしょうか。

妊娠と復縁。

これはある意味別で考えなければいけません。

もっと言うならば、自分と子供。

その双方もしっかりと考えなければならないのです。

貴女にとって初めての子供。

そんな時は人生の大先輩であり、貴女という子を育てたお母さんに相談しましょう。

お母さんと不仲などの、様々な理由で相談できない場合は、通院先で相談するなどでも良いですね。

日本には、妊娠に対するサポートがいろいろとあります。

 

これからどんどん大きくなるお腹。

精神的にも、肉体的にも負担の多い「妊娠をしている自分」を、まずは大切にしてあげてください。

そんな中で彼との復縁をするのは、そんなに簡単なものではありません。

以下に参考リンクを用意しましたので、一度復縁というものの流れをしっかりと見つめてみてください。

自分の身体を含めて無理のない復縁を心がけましょう。

▼参考リンク「復縁の基礎とは」
>>3ヶ月で復縁の土台を作る!失敗しない元彼との復縁方法まとめ