振られた元彼からの連絡…そんな時、貴女はどうするべきなのでしょうか。

今回は、そんな「彼からの連絡」を無駄にしない為の、心構え作りのコラムです。

彼からの連絡をいつ受けても良いように

貴女が復縁を願う、元彼からの連絡。

大好きで忘れられない人からのメールや電話が会った時、冷静になるほうが難しいですよね。

 

でも、焦って変な返信や返答をしたらだめ…

そんな難しい状況に貴女は置かれています。

 

そうならないためには、日頃から自分自身を鍛えておく必要があります。

日常的に復縁というものに対して努力をしておくことで、彼からの連絡が会った時に、少しでも焦らない自分づくりをするのです。

その方法は、以下のリンクから飛べる、復縁の基礎をまとめた記事を参考にしてください。

▼復縁の基礎を身につける
>>3ヶ月で復縁の土台を作る!失敗しない元彼との復縁方法まとめ

復縁の基礎を身につければ、いろいろな状況に対応できるようになります。

しっかりとした土台ができれば、意図的に彼から連絡をもらうこともできるので、大変だと思いますが努力していきましょう。

緊張する電話は出ないこと

彼からの予期せぬ電話があった時、貴女が想像以上に取り乱してしまっていたら、その電話はとらずに見送るようにしましょう。

外出先で歩いている時などの落ち着ついて話せない場合も、同じようにします。

どちらの場合も、できるだけすぐに気持ちを落ち着け(場所の場合は移動)して彼へ電話をかけてください。

人間は、短時間でも間をもつと落ち着く生き物なのです。

メールやLINEの場合の落ち着け方

メールやLINEの場合も、落ち着けない時は、まず返信をしないようにします。

かといってあまり放置するのも問題ですので(LINEは既読が残りますので…)貴女は短時間で落ち着かないといけません。

 

その場合は、まず、自分宛てにメールを送ってください。

彼への返信を、自分のメールアドレスに送ることで、冷静に自分のメール内容を見つめなおすのです。

 

それで問題なければ返信に使います。

この返信の時は「コピー」機能は使わず、改めて書き直しましょう。

 

そうすることでより冷静になりますし、コピーのミス(余計なものまでコピーしてしまう)もなくなります。

返信はシンプルに

メールやLINEの返信を書くときは、できるだけシンプルにしてください。

1つの返信にいろいろと盛り込むと、相手は疲れてしまいます。

 

例えば貴女が、興味のない男性から

「何歳?どこに住んでる?好きな男性のタイプは…」

とたくさん一度に聞かれたらどう思いますか?

 

すごく嫌ですよね。

返信を考えるのも面倒だと思います。

元彼へのメールもおなじ感覚で。

相手が返信をしやすいメールを心がけましょう。

まとめ

ずつと連絡がなかった、大好きな彼からの連絡。

これはとても嬉しいですね。

でも、それはゴールではない。

ただの通過点なんです。

 

彼から連絡があったからと言って復縁できるとは限りません。

だからこそ冷静にならなければならないのです。

 

冷静な頭で、彼が貴女に「何を伝えたいか」を理解し、ちゃんと「会話」をする。

そんな当たり前のやりとりが、貴女の課題となるわけですね。

 

基本的に彼からの連絡は、良い傾向だったりもしますが、全てがそうではありません。

例えば、貴女が自分のことを好きだと知っているからこそ「ヤレる女」だと考えて連絡をしてくる…

そんなパターンも多いのです。

そういう場合は、会話の中で、貴女は彼の性欲をうまくあやつり、自分へと興味を向けさせる必要があります。

大好きな彼だからといって、全てを相手に任せていてはいけない場面もあるのです。

そんな時のためにも、今日の記事の最初の方に紹介した「復縁の基礎」をしっかりと学んでください。

彼からどんな連絡が来る可能性があるのか、それを想像できる自分づくりをしていきましょう。

▼復縁を基礎から学ぼう
>>3ヶ月で復縁の土台を作る!失敗しない元彼との復縁方法まとめ