元彼の誕生日、これは復縁においてチャンスとも言える瞬間です。

このチャンスを上手く活かせば、元彼との距離をぐっと縮めることも可能なのです。

本日のコラムは、そんな「誕生日メール」のお話です。

誕生日こそシンプルなメールを

元彼の誕生日、ここには「大好き」と言う気持ちと「お祝い」を込めて、長かったり、重たいメールを送る人が多いものです。

でもこれは絶対にダメ。

誕生日メールは、基本的にはシンプルにしてください。

 

もちろん「大好き」などの誕生日と直接関係ない言葉も使ってはいけません。

 

純粋に誕生日だけを祝うのです。

「○○くん、誕生日おめでとう」

このくらいシンプルでも構いません。

 

こういうメールには彼も「ありがとう」と返事がしやすいという事を覚えておきましょう。

逆に

「大好きな○○くん」

とつけたりしてしまうと、彼は貴女の存在を重たく感じて返信をくれない場合があるのです。

返信が来たら…

返信が来たら、そこから会話をつなげていくように意識をします。

例えば「誕生日ケーキって何個食べた?」など、軽く、冗談ぽい雰囲気のものが良いですね。

できるだけ彼が返信をしやすい軽いメールを続けていく。

それが大切です。

そうすることで、彼の「誕生日を祝ってもらって嬉しい」という単純な感情をキープしたまま、会話を広げていくことができるのです。

貴女の愛情は、その会話の裏にしっかりと隠しておいてください。

 

深追いは禁物ですが、こういう会話の中では「会って食事」をすることへとつなげることも可能だったりします。

例えば

「お祝いにごはんおごらせてよ!私、最近外食してなくてなにかおいしいもの食べたいし」

という感じで行けば、彼に警戒心をもたせないで済みますよね。

このような「誕生日だから使える技」を無駄遣いしないようにすること、それが復縁へつなげていくポイントだったりします。

誕生日の効果を高めるために

誕生日を利用し、さり気なく再会する流れを作る。

そのためには、日頃からの積み重ねが重要です。

貴女が日々努力をしていなければ、例え再会出来たとしても彼の心は動きません。

誕生日とは、ただの「イベント」なので、復縁の決め手にはならないのです。

そのためには、復縁というものの基礎をしっかりと身につけておく必要があるのです。

そんな復縁の基礎は、以下の記事にまとめてありますので参考にしてみてください。

▼復縁を基礎から学ぼう
>>3ヶ月で復縁の土台を作る!失敗しない元彼との復縁方法まとめ

復縁とは、1つの必殺技で解決するものではなく、いろいろな技と、努力を合わせて成し遂げるものです。

 

例えば本日のメールも「復縁メールの基礎」を学んだ後であれば、アレンジもしやすく、より良いメールが作れたりもします。

▼復縁メールって何?
>>元彼と復縁するためのメールの作り方と5つの例文集

大切な復縁だからこそ、できるだけ確実な方法を探すようにしてください。

まとめ

本日のお話どうでしたか?

今回は「誕生日」という特別な日を利用するという、期間の限られたテクニックの紹介でした。

誕生日は「24時間」あるので、いつメールをしたら良いか悩んでしまう方もいると思います。

彼との距離がすでに近づいているなら、日付が変わった瞬間でも良いですが、あまり関係が回復していないと、その時間には送りにくいですよね。

 

そんな時は、彼が起きていて、メールが負担にならない時間内で、できるだけ早めに。

そう考えるように心がけてください。

そうすうることで、彼も自然な気分で貴女の誕生日メールを読んでくれることでしょう。

復縁中の誕生日メールは、どうやって彼を喜ばすかより、どうやって彼からの返信をゲットするかにこだわらなければいけないのです。

全力でお祝いしたい気持ちもあると思いますが、それは復縁が成功してから。

「彼女として」祝ってあげられる日が来るように、今は我慢して誕生日を利用するのです。