血液型別の復縁攻略。

今回はAB型のお話です。

日本でも10%以下という極端に数の少ないAB型。

そんなAB型の元彼と復縁するためにできることは何があるのでしょうか。

▼他の血液型の特徴も学んでみよう!
>>A型の彼と復縁
>>B型の彼と復縁
>>O型の彼と復縁

AB型はミステリアス?

AB型を知るには、まずA型とB型の扱われ方を見ていくと良いでしょう。

A型は一番多い「普通扱い」

B型は個性的だと言われる「嫌われやすい性格」

このような背景が、日本にはあります。

占いなどをみると、AB型はこの両方の性質をもった二重人格だと言われたりしますよね。

 

B型が個性派として扱われるなら、AB型は「変人」として扱われることすらあります。

この差は、やはり「数の違い」から来ているのでしょう。

 

逆に雑に扱われやすいB型に比べると、AB型は丁寧に扱われることもあります。

それも「数が少ない」というレアリティからです。

確かに人間は、自分が「特別扱い」されると嬉しかったりするものですが、血液型に限ってはそうではありません。

 

なぜなら血液型とは、生まれ持ったもので、自ら身につけたものではないからです。

血液型占いや、血液型別性格診断。

このなかでも特別扱いされやすいAB型は、結構な確率で「AB型」を話題にされるのを嫌います。

 

特別扱いが「距離」という形で、疎外感を味わってしまうのですね。

AB型は、AB型の人からも、そうでない人からも「少数派」だという印象が根付きすぎてしまっているのです。

AB型彼氏の攻略

AB型の攻略は、まず少数派というのを理解することにあります。

単純に考えると「少数派扱い」しなければいいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、それは違います。

 

他の血液型に比べると、極端に少ないので、無理して「少数派扱いしないように」すると違和感が生まれてしまうからです。

 

だから、AB型の場合は

・血液型の話題をあえて避けない

ということです。

もし血液型の話題が出たら

「AB型って少ないからいろいろ言われるよね、でも私あの手の話難しいからよくわからないんだよね」

と、貴女自身が血液型には興味が無いという意思表示をしましょう。

この時に「興味ない」と言う言葉を使わず「難しい」と言うようにしてください。

「興味ない」というような、ストレートすぎる表現は、相手を傷つけてしまうかもしれないからです。

 

これは血液型の話題の場合ですが、同じような気遣いをAB型にはしてください。

ストレートな表現はできるだけ避けて、少し柔らかくする。

 

少し難しいですが、この小さな気遣いの積み重ねがAB型の攻略には有効なのです。

これは「我慢強い」と言われるAB型の性格への配慮でもあります。

我慢強い人には、言い方が悪いですが、じわじわと攻めるほうが有効なのです。

 

AB型は「我慢強い」

これは、変人扱いされやすいAB型が言われる、数少ない「普通っぽい特徴」なので、その意識を自分でももっているパターンが多いのです。

 

誰だって、血液型で「変人」と言われたら気分良くないですよね。

AB型だからといって特別視するわけではなく、そういう「普通に考えればわかること」を必ず意識しておきましょう。

まとめ

AB型。

血液型にかぎらず、少数派はというものは、いつだって「周囲からの言われ方」に敏感です。

でも逆に「気を使いすぎても」だめ。

そんな難しさがあります。

 

実は「血液型別の性格」というものは、日本独自の文化だったりします。

差別という言葉が身近な海外では、意外なほどに「血液型別」の話はされません。

そういう背景も考えたうえで、彼の血液型をもう一度見なおしてみましょう。

貴女が彼に「AB型っぽい」と感じていたのは、実は彼本来の性格ではなく、周囲やテレビなどのメディアから言われているからこそ、身についてしまったものかもしれないのです。