「復縁には風水」ってよく聞くけれど、難しそう…

どうしたら良いかわからないし、効果があるかどうかもわからない。

今日はそんな貴女に向けて「復縁のために風水から学べること」を紹介します。

この記事は、復縁における風水の記事の前編。

準備編となります。

具体的な風水を知りたい方は、以下のリンクより、次の記事へ進んでください。

▼次の記事はコチラ
>>元彼と復縁!恋愛に効果がある風水を取り入れてみよう

風水は復縁に必要?

復縁についてのアドバイスをしている時によく

「復縁には風水が良いと聞いたのですが、必要ですか?」

と聞かれることがあります。

 

これの答えは非常に難しく「必要」とも「不必要」とも言い切れません。

それはなぜか…

復縁とは、具体的なノウハウのような現実面だけでは、語りきれない部分があるからです。

もちろん、風水に頼りきって、他のことをなにもしないのは問題外ですが…

落ち込みやすい「復縁中」は、風水のような心の支えとなるものって、女性にとって重要な役割をしてくれるのですよね。

 

だから、そんな軽い気持ちで取り入れていくのも「あり」なのです。

 

でも、そうやって聞いても

「風水って難しい…」

って思う方、多いと思います。

これは実は、悪いことではありません。むしろ正解で、貴女の考えは間違っていないのです。

 

風水って、本当に難しく、すごく勉強が必要だったりします。

だからこそ本格的に取り組むには時間がかかりすぎるのですよね。

 

復縁が限らた時間内での戦い、当然ながらその全てを風水に使うわけにはいきません。

そんなときは「風水」を無理して実行するのではなく「風水から学ぶ」ということからはじめてみましょう。

そうすれば、少しづつですが、風水のもつ良さを貴女の生活へと取り込んでいくことができるのです。

風水の第一歩は掃除から

「○○の方角に○色のものを置くと良い」

風水について調べていると、このような言葉がよく出てきます。

 

ですが、これを行う前にやらなければならないことがあるのです。

 

それは掃除。

これは、風水にとって「どこになにを置く」ということよりも、大切なことなのです。

 

さきほども言ったように、風水とはとても難しいものなのですが

「風」

「水」

というだけあって流れを重要視します。

だからこそ、汚れて散らかった部屋では意味が無いのですね。

 

綺麗に片付いた部屋をベースに、貴女にとって必要な風水を取り入れていく…

そうすることで「どこになにを置く」という表面的なものではない、風水本来の良い部分を取り入れていけるというわけです。

風水の基本的な感覚を身につけよう

掃除を終えたら、幾つかのポイントを気をつけて、軽い模様替えをします。(すでにできている場合は必要ないです)

 

まず、窓。

窓の前に棚などを置くのはやめ、風通しを良くしておきます。

 

どんな街なかにいても、風という自然は感じられるようにしておかなければなりません。

 

次に水場、ここも綺麗に片付けます。

お風呂、トイレ、洗面所にキッチン…

これは一時的な掃除ではなく、できるだけ使いやすく、綺麗に保てるように考えて小物の配置を決めましょう。

簡単に言うなら、掃除のし易い環境を作るわけです。

 

ここまでできたら一度シャワーでも浴びて、部屋を換気して空気を入れ替えてみましょう。

 

貴女の部屋の空気は以前に比べ、だいぶ変わったはずです。

この今貴女が感じている気持ちよさ、それが風水の基本とも言える感覚なのです。

多くの人は、この意識を持たずに、風水を取り入れようとしているので「ただ無駄なものを部屋においただけ」という状況になってしまっている…

ということは絶対に覚えておいてください。

 

本当は、ここまでやって、はじめて「恋愛を意識した風水」を取り入れることができるのものなのです。

まとめ

本日のお話どうでしたでしょうか。

風水に限らず、どんな物事も「基礎」が大切です。

風水のように「専門家」が行うようなものでも、基礎からであれば初心者でも取り入れやすく、身につけやすいのです。

 

例えば風水で金運に効果のあると言われている「黄色」

「黄色のお財布を使っているけれど、中はレシートでぐちゃぐちゃでお札も曲がっている」

のではどう考えても意味がありませんよね。

 

これは「復縁の風水」にも言えることなのです。

だから「掃除」をしっかりと行ったわけですね。

部屋の掃除が終わったら、カバン、財布など、貴女が普段使うものをできるだけ綺麗に整頓しておきましょう。

次の記事では、復縁に効果のある風水を紹介していますので是非参考にしてみてください。

▼次の記事はコチラ
>>元彼と復縁!恋愛に効果がある風水を取り入れてみよう