男と女の違い。
これはとても難しいテーマです。
今回は、復縁に活かせる「男性心理を意識した言葉選び」についてのコラムです。

▼男性の心理をより深く学ぼう
>>復縁の為に学ぶ「男性の潜在意識」を動かした3つの体験談

「男でしょ」と言うのは危険?

貴女は彼と付き合っていた時に彼に対し

「男でしょ」

と言ってしまったことはありませんか?

 

「男なんだから、そんな事気にしたらダメだよ」

とか、そういう発言です。

もし、このような事を言ってしまっていたら、貴女は一度自分の言葉選びを考えなおさなければいけません。

 

なぜならこの言葉は、貴女が思っている以上に彼の気分を害してしまっているかもしれないからです。

 

貴女が彼に言った「男でしょ」というのは、貴女が誰かに「女でしょ」と言われることと同じようで、少し違います。

「男らしくしなさい」「女らしくしなさい」

これは男女が違う生き物な以上、同じものではないのですね。

 

女性から見た「女らしさ」
男性から見た「女らしさ」

が違うように

女性から見た「男らしさ」
男性から見た「男らしさ」

は別物だったりするのです。

 

だから貴女が「男らしいよ」という気持ちで彼に「男でしょ」と言っても、本来に意味では通じないことがあるのですね。

「男でしょ」というのは「男らしくしなさい」という、意味をもった言葉だと思ってください。

だから簡単に「男でしょ」と言ってはいけないのです。

 

 

それだけでなく、褒め言葉としての「男らしい」という言葉も危険だったりします。

少しややこしいので例を紹介すると

「仕事頑張るのって男らしいよね」

と貴女が彼を「ほめたつもり」で言っていたするとします。

でも男性からすると

「何?男が金稼がなきゃダメってこと?」

みたいに思われることもあるということですね。

世の中では、貴女が思っている以上に、男性が女性に奢ることのが多いので、そういう勘違いがおきるのです。

 

他にも

「体力あるのって男らしいよね」

とかも

「俺はそんな体力ないけど…」

と勘違いされる可能性もあります。

 

男性は、競争意識が強いので、他の男性と比べられることを嫌うのですね。

貴女が比べているつもりはなくても、それを聞いた彼は無意識に「比べられている」と思ってしまう時があるのです。

 

女性が他の女性と比べられた時と、少し感覚が違うので理解し難いかもしれませんが

男性にとって「男」というキーワードは、周囲の男性や、自分より優れた男性を意識しやすい言葉だということを覚えておきましょう。

 

どちらの例も「男らしい」とさえ言わなければ、普通に褒め言葉となります。

 

だから、男性と話すときは「男らしい」とか「男でしょ」というのではなく「あなた」という言葉を選ぶほうが効果が大きい場合があるのですね。

逆に男性は「あなた」という扱い方をされることに、弱いという部分もあるということを覚えておきましょう。

まとめ

本日のお話、少しむつかしかったかもしれません。

男性という生き物は、上下関係が厳しくわりと小さな頃から「男らしさ」というものを言われてきた生き物でもあります。

だからこそ、男性と話すときは「男」という広い単位は、できるだけ言わないようにするのですね。

 

男としてではなく、彼だけを見る。

日常会話などのライトな会話こそ、そういう視点で言葉を選ぶことが大切なのです。

 

男性が女性に求めているのは「男社会」ではないということを、今一度しっかりと考えてみましょう。

男性は嫉妬という感情を表現するのが苦手な生き物でもありますので、このような配慮ができる女性を自然と選ぶ傾向にあるのです。

 

彼の男らしさを褒める。

これを「簡単に男性を喜すことのできる、会話テクニック」として覚えている人が多いのですが、そう簡単なものではないのです。

男らしさを知っているのは、女性より男性。

そう覚えておきましょう。