復縁したいなと思っている元彼とメールで話していたら、今度は電話をかけたくなってきます。

 

電話をかけたほうが距離が縮むんじゃないなとも思うし、好きな人と話したいと思うのは自然な気持ちです。

 

だけど、嫌われたりするんじゃないかとか、でてくれなかったらどうしようと思うと怖いですよね。

今回は元彼に電話を掛けるタイミングについて、お話していこうと思います。

元彼に電話をかけるタイミング

過去の経験上、元彼が出てくれやすい電話を掛けるタイミングは、大きく分けて以下の3つです。

タイミング1 メールをして仲良くなってきたと感じた時
タイミング2 元彼からメールが来た時
タイミング3 元彼の生活で暇な時間がわかっている時

上記のタイミングで電話を掛けた場合、非常に電話に出てくれる確率は高いでしょう。

また、このすべての条件に当てはまっている場合が最も電話にでてくれる確率が高い印象です。

仲良くなってきて、相手からメールがきて、その時間帯は彼がいつも暇をしてる時間…。

と言っても分かりにくいと思いますので、それぞれ詳しく解説していきます。

メールをして仲良くなってきたと感じた時

これは王道ですが、メールをして仲良くなってきたと実感してきたときです。

逆に言えば、ここがダメなら、タイミング2でもタイミング3でも電話に出てくれる可能性は低いでしょう。

 

もし出てくれたとしても、あまり良い印象ではないかもしれないため、少し危険です。

 

まずはメールで仲良くなってから、楽しく電話をできるようになるのが最初のステップです。

メールで仲良くなってきたかどうかの判断は、こちらの記事でも触れているのでご一読ください。
>>元彼と復縁したいなら、メールのしすぎは危険!適度な間隔とは

例えば、以下のような兆候が出てきたら、仲良くなってきていると考えて問題ないのかなと思います。

 

・人には話さないような秘密を教えてくれた
・彼からのメールの返信がいつも親切
・彼の方からメールが来ることがある

 

仲良くなってるか、仲良くなってないかは感覚的なところがありますが、ざっくりとこのような形で判断してみても良いと思います。

逆に、以下のような場合はまだメールのやり取りが不十分だと考えても良いでしょう。

 

・メールの返信がたまになくなったりする(返信がなくなる確率が5割以下)
・メールの内容がそっけない

 

この場合、貴女に抵抗を感じているか、魅力を感じていない、またはメール内容が不適切であるという可能性が考えられます。

メールの内容を改善したり、自分磨きをして貴女自身の魅力と価値を上げていくことが先決かと思います。
>>元彼と復縁するためのメールの作り方と5つの例文集
>>元彼とよりを戻したい!復縁の可能性を高める3つの自分磨き

相手からメールが来た時

このタイミングはかなり鉄板で、電話に出てもらえる確率が非常に高いです。

基本的に電話は、ダラダラ話すのではなくて目的を持って話す事が大切です。
>>復縁したい元彼に電話を掛ける時、気を付けたい3つのタブー

「なにか相手にも話す理由」があるので、電話でも話しやすいでしょう。

その理由がなにか聞きたいことや、質問かもしれないし、連絡事項かもしれません。

 

もし「誰かと話したい」とか、「少しさみしくなった」とかだと最高ですね。

 

その彼の希望を満たしてあげられるように、電話の理由を考えて、「電話しない?」と言ってみると良いでしょう。

電話の切りだし方については、この記事の後半でお話していきますね。

相手の生活で暇な時間がわかっている時

また、相手の生活時間やスケジュールが分かっている場合は、暇な時間に電話してみるのも良いでしょう。
この時間はいつもごろごろしてる時間だとか、仕事をして帰ってきてゆっくりしてる時間だ、とかですね。

 

この場合、もちろんタイミング1の「メールをして仲良くなってきたと感じた時」を満たしている必要があります。

ただ、この相手の生活周期を把握している事は結構重要で、メールを送るタイミングにも、電話をかけるタイミグにも役に立ちます。

 

これは一度付き合っている貴女にしかわからないところなので、有利に活用できるところです。

一度彼がどんな生活を送っていたのか思い出してみて、適切な電話のタイミングを考えてみましょう。

メールから電話への切り替え方

メールから電話に切り替える場合は、こんな風に言うのがオススメです。

 

「メールで打つの大変だから、電話で話さない?」

 

これなら「文章を打つのが面倒」という理由があるので、自然に電話へ移行することができます。

しかし、この言い方をするときは必ず「目的」が無いといけません。

「私は貴女と電話をしたいんじゃなくて、電話をする必要性があるから電話をするのよ」というニュアンスなので、この必要性を作る必要があるんです。

 

例えばタイミング2の場合、相手からメールがきたということは、なにかしら話したいことがあるという事です。

これが相談とかなら、「電話で聞くね。」で、すぐに電話に移行することができますね。

ただ、こちらからメールをしている場合は、こちらから質問を考えなければいけません。

ここで私がよくアドバイスするのは、「気になっている男性がいる」という相談です。

これをすることで、元彼に「復縁の相談ではない」という事が伝わりますし、「本気で悩んでるんだな」と、思ってもらえる確率も高くなります。

 

「ちょっと気になってる男性がいてね・・・。もう少しで誕生日だからプレゼントを考えてるんだけど、何が良いかわからなくって。良かったら相談に乗ってくれないかな?元彼のよしみでw」

 

このセリフの良いところは、電話につなげやすいのと、うまくいけば「プレゼントを買う」という名目で元彼とショッピングにいける可能性もあるところです。

電話で普通に話せたら、

「え、そしたら一緒にプレゼント買いに行ってよw」

と、冗談っぽく言ってみると良いでしょう。

繰り返しますが、「貴女との復縁は一切考えていない」というのが相手に伝わっていることが前提です。

もし少しでも復縁したいという気持ちが伝わってしまうと、復縁目的なんじゃないか?と勘繰られて、来てくれなくなる可能性もありますし、メールも帰ってこなくなる可能性があります。

あくまで軽めのテンションで、未練は一切ないという気持ちを前面に出してください。

まとめ

元彼に電話するタイミングは、仲良くなったと感じた時、元彼からメールが来た時、相手の暇な時間帯を把握している時、がオススメです。

仲良くなっていて、なおかつ相手からメールが来て、それが彼の暇な時間帯なら、かなりの高確率で電話にでくれるでしょう。

そのまま会話が弾ませることも、難しくないと思います。

メールも電話もコミュニケ―ションです。

常に相手が気持ちよく話せるように気を付けて工夫していけば、貴女自身も成長し、良い結果が出てれば嬉しいです。