今回は、メールをしても帰ってこない、電話をしても出ない元彼に対して、どのようにアプローチしていくかお話していこうと思います。

この記事を読んでいる貴女は、元彼と復縁したくても、連絡がとれずに困っているんじゃないかなと思います。

ただ残念ながら、「こうやればすぐに連絡が返ってくるよ!」という魔法のような文章はありません。

そうではなくて、なぜ連絡が返ってこないのか、どうすれば元彼と復縁できる可能性があがるかということについて、一緒に考えていきたいと思います。

連絡が返ってこない理由

まず、連絡が返ってこない理由がなにか…ということについて、考えていきましょう。

これはあなたと元彼との関係や、過去の行動によって変わってきます。

以下からあなたに当てはまるものを選んでみてください。

・別れてまだ半年も経っていない
・別れる時にひどい喧嘩をした
・別れてからメールや電話をたくさん送った
・その他

さて、どれに当てはまりましたか?

それぞれ、詳しく解説していきますね。

別れてまだ半年も経っていない

まだ別れて半年も経っていない場合、彼氏側がケジメとして連絡をとらないようにしている可能性があります。

別れているのに連絡をとってしまうと、変な期待をさせてしまうかもしれないし、貴女に新しい彼氏ができるチャンスが減ってしまうかもしれない。

 

善意で連絡をとらないようにしている可能性が高いです。

 

この場合、「もうあなたには興味が無い」というのを、彼に伝える必要があります。

貴女が彼の事を軽く考えていて、もう忘れているのであれば、彼も返事をしてくれるかもしれません。

もしあなたが彼と会う機会があるのなら、直接話すときに「よっ!」という明るい感じで話しかけてみるのもいいでしょう。

 

「あ、もう引きずっていないんだな」と彼に思ってもらえれば、連絡がしやすくなります。

もし気まずかったり、会えない状況であれば、友人に協力してもらうと良いでしょう。

とにかく、彼に「重さ」を感じさせないようにすることが、連絡とがとれるようになるまでの近道です。

別れる時にひどい喧嘩をした

この場合、貴女の事が嫌いになっているか、気まずくて連絡ができないというのが考えられます。

また、自分が悪いと思っているけど、プライドがあって謝ることができない、という可能性もあります。

 

相手が自分の事をどう思っているのか、聞き出すのが一番早いです。

 

もし元彼のプライドが邪魔して謝れないのであれば、こちから「私が悪かった」と非を認めて少しづつ距離を詰めていきましょう。

喧嘩の内容にもよりますが、勢いで別れた後、貴女に早く次の彼氏ができるように連絡をとっていない、という可能性もあります。

この場合はなかなか連絡が取れない理由を読むことが難しいので、友人に聞き出してもらうのが一番良いかと思います。

別れてからメールや電話をたくさん送った

この場合は、貴女としばらく連絡をとりたくない、へたすると口も聞きたくない…という状況にまだある可能性があります。

こうなるといくら連絡しても焼け石に水なので、しばらく冷却期間を置く必要があるでしょう。

 

そして、冷却期間の間にどうすれば復縁できるのか、しっかり戦略を練ってください。
>>振られた元彼と復縁!冷却期間の正しい置き方まとめ

 

くれぐれも、無理に連絡をとらないように気を付けてください。

彼が携帯を見た時に、未読メールが大量にあるとか、着信履歴が大量にあるという事態は絶対に避けましょう。
(もう一度やってしまった後だと思いますが、二度と同じ過ちは繰り返さないように…)

彼は本気で怒っている事も考えられますし、できる限り今は怒りを買わないように、期間をあけることだけを考えた方が良いかと思います。

その他

もしメールを送って1週間、2週間くらいしか経っていないなら、しばらく待っていましょう。

こちらからすれば「1週間も待っているのに」と思うかもしれませんが、相手からすると「まだ全然時間たってないじゃん」と、思っているかもしれません。

なにもせずに待っていると返信がくるケースは多々あるので、焦らず待ってみましょう。

それでもダメな場合は、直接会いに行くという手段をとらざるをえなくなります。

彼がよく出没しているお店を調べて偶然を装い、「軽い感じで」声をかけてみてください。

間違っても直接家に行く、なんてことは絶対にしてはいけません。

これについては別の記事で詳しく解説するので、そちらを参照ください。

まとめ

彼から連絡が返ってこない場合、焦って連絡をとろうとすると逆効果になります。

「なぜ」彼から連絡が返ってこないのか、過去の自分の行動や、彼との話を思い出して考えていきましょう。

その場合、彼に直接「なんで返事をしてくれないの」と彼を責めたり、自分の印象がマイナスになることは絶対に避けてください。

ただ、いくら考えてもわからない時はあります。

そんな時は、友人に直接聞いてもらえるようにお願いをしてみたり、「メールで返事をもらう」だけじゃなく、自分にできることを考えていった方が成功率は高くなります。