今回は、婚約破棄で別れた場合、復縁できる可能性はあるのかどうか、ということについて詳しくお話していこうと思います。

 

ちなみに前回は、実際に婚約破棄で振られた後、復縁に成功したAさんのお話をしました。
>>婚約破棄で元彼と別れたAさんは、どのようにして復縁できたのか?

 

婚約破棄で別れても、復縁できるケースはあります。

ただ、婚約破棄と言っても、いろいろなパターンがありますし、当人同士の気持ちにもかなり依存します。

婚約破棄にはどういうパターンがあるのかということについて、まずは触れていこうと思います。

婚約破棄から復縁できるパターンって?

復縁が成功しやすいのは、何かの原因でお互いの気持ちが一致せずに、婚約破棄に至ったパターンです。

 

例えば結婚が決まった瞬間にお互いの嫌なところが見えてしまった場合。

結婚という責任の重圧で、男性側がまいってしまった場合。

居住区での希望が合わずに、喧嘩をしてしまった場合。

 

こういった「気持ちの問題」であれば、彼が復縁を考える女性にあなたが変わる事で、復縁することは可能でしょう。

ここで大切なのは、「彼は変わらない」という事です。うまく復縁するには、自分が変わらなければいけません。

 

これは復縁全般に言える事なのですが、婚約破棄や離婚の場合はより慎重に考えた方が良いでしょう。

これについては、この記事の後半で触れていこうと思います。

婚約破棄には2つのパターンがある

婚約破棄の原因は、ざっくりとですが2つのパターンがあります。

 

①本人同士の気持ちの問題
②物理的な外的要因

 

①はさきほどお話した、気持ちの問題についてですね。

②については、少し難しい言葉を使いましたが、「経済的な事情」とか、「両親に反対された」など、本人の気持とは別のところに原因がある場合です。

それぞれ詳しく説明していきます。

本人同士の気持ちの問題

本人同士の気持ちの問題の場合、彼が望む女性に変わる事で、復縁することは可能でしょう。

一度お互い好き同士になって、結婚まで考えた仲です。

すくなからずあなたは元彼にとって理想の女性であるはずですし、今まで付き合った思い出もあります。

そんなに簡単に忘れることはできません。元彼には、婚約破棄を決意した理由が必ずあるはずです。

その理由を消し去るような女性に変わることができれば、復縁することは可能でしょう。

 

例えば前回にお話ししたAさんの場合、「守ってもらうだけじゃなくて、私も夫を守れる」という事を行動で示した結果、婚約破棄から復縁に至ることができました。
>>婚約破棄で元彼と別れたAさんは、どのようにして復縁できたのか?

 

婚約破棄の理由が、「結婚してやっていく自信が無い」のであれば、なぜ自信が無くなってしまったのか考えて、一緒にやっていけそうな女性に貴女が変われば復縁することができます。

また、「結婚が決まった瞬間に貴女が変わってしまった」という可能性もあります。

意識していなくても、結婚が決まったら高飛車な態度になる方や、少し大きな態度になって、「なんか今までとは別人みたいになってしまった…」と、男性が感じるケースも多いです。

 

自分では気が付かない事が多いので、友人に相談してみたり、友人に直接聞き出してもらったりして、原因を把握することが復縁の近道だと思います。

ただ、他の女性にとられてしまった場合は少し復縁は難しいかもしれません。

 

「新しい彼女が元彼にできてしまった場合の復縁方法」は、当サイトでも説明しています。
>>元彼に新しい彼女ができた時、復縁するための3ステップ

 

もちろん不可能ではないですし、努力次第では復縁できるケースもあります。

しかし、婚約までしていた彼氏が、他の女性に気持ちが揺らいでしまった…という事実に貴女は気持ちを抑えることができるでしょうか。

他の女性のために自分を捨てた元彼と、真剣に復縁したいと思えなければ、復縁は厳しいでしょう。

物理的な外的要因

これは、経済的な問題だったり、遠距離すぎて結婚できない、夫がリストラにあって収入がなくなった、意図しないところから借金を抱えてしまった、等があげられます。

本人はどうすることもできず、物理的に結婚が厳しくなってしまった場合ですね。

これは、なかなか復縁することは難しいでしょう。なんとか物理的な問題を解決する必要があります。

特に借金なんかは、働いて地道に返すしかありませんね^^;

経済的な問題については、夫側が転職活動を行ったり、妻が共働きでがんばるなど、対処の方法はあるかもしれません。

しかし、次でお話しますが、物理的な要因で婚約破棄に至った場合は、本当に自分が復縁したいかどうかしっかり考える必要があります。

本当に婚約破棄された元彼と復縁したいと思っているか?

婚約破棄をされてしまった場合、一番考えなければいけないのが、本当に彼は結婚を考えていたのか、という事です。

最初は真剣に考えていたけど、だんだん怖くなってきて…という感じなら、問題はありません。

しかし、彼女が結婚をせかすから、仕方なく進めていた…というお話もよく耳にします。

彼が結婚に乗り気ではない場合、もし復縁できたとしてもすぐに結婚することは難しいでしょう。

 

それでも本当に復縁したいと思うなら、努力する価値はあると思います。

また、物理的な理由で婚約破棄に至っている場合、大変言いにくいのですが、彼は本気ではなかったのかもしれません。

「どうしても一緒にいたい」と思ってくれていたら、多少の事は吹き飛ばして結婚に踏み切るのではないでしょうか。

 

婚約破棄の本当の理由が分かった瞬間に、「そんな事で婚約破棄されたんだ…」と、がっかりしてしまうケースもあります。

なぜ彼が婚約破棄という決断に至ったのかと、それを踏まえて本当に復縁したいのか一度真剣に考えてみたほうが良いかもしれません。

少しマイナスな事を言いましたが、貴女が本気で元彼と復縁したいなら、復縁するべきだと思います。

「復縁して本当に幸せになれるのか」ということについて考えて、答えがYESなら全力で復縁活動に励みましょう!

まとめ

婚約破棄された場合でも、復縁できる可能性は十分にあります。

復縁したい場合は、「なぜ婚約破棄をされてしまったのか」という事を考えて、その理由を1つずつ潰していきましょう。

また、婚約破棄してしまった男性は結婚に対して苦手意識や、抵抗感を感じている可能性もあります。

 

復縁することが結婚することじゃない、もう一度やり直したい。ということをしっかり伝えてあげると、彼もプレッシャーを感じずに復縁してくれる可能性が高くなります。

婚約破棄は男性にとっても、苦い経験になっているはずです。

彼を責めすぎず、お互いにとって良い結果になる方法を、考えていきましょう。