今回は、元彼と復縁する際に送る適度なメールの感覚について、お伝えしていきたいと思います。

あまり連絡をとっていない元彼や、少し連絡をとりだした元彼とのメールは結構ドキドキしますよね…。

メールが返ってこないと何度も携帯をみてしまいます。私がそうでした。

だけど、このドキドキや不安をしっかり自分でコントロールしないと、彼は貴女からもっと離れてしまいます。

ここでしっかり身に着けて、自分と元彼にあった適度な頻度のメールができるようになりましょう。

復縁におけるメールの役割

まず、復縁におけるメールの役割からお話していきたいと思います。

 

よく、「メールは元彼との距離を縮めるもの」と、勘違いしてる方がいらっしゃいます。

 

「えっ?」って思いました?もし思ったなら、この記事を読んでラッキーだったかもしれません。

実は復縁におけるメールの役割というのは、「相手と会う約束をするためのツール」なんです。

そしてそのために、「メールが来ても不自然じゃない状況」をつくらないといけません。

 

だから、ある程度定期的にメールしたほうが良いですが、ダラダラと一回のメールを長く続けて、無理に仲良くなろうとする必要はありません。

長く続ければ続ける程、相手は面倒だと思われる確率も高くなりますし、そもそも楽しい会話をメールでずっとする、というのはかなり難しいです。

楽しくない会話が長く続けば続くほど、彼は貴女の事を重く感じてしまいます。

この感覚を覚えるのが、適度な感覚で彼とメールするコツです。

まずは現状を整理する

まず前提として、貴女と元彼の関係性によって適度なメールの感覚というのは変わります。

もしメールするのが楽しい、と相手が感じているなら、メールの回数を多くしても良いでしょう。

これから元彼とメールをし始めるのか、現時点でメールを交換しているのかによっても変わってきます。

 

また、メールの頻度に正解は無い、ということをまず最初に知っておいてください。

「このメールの頻度で、こんな返事がきてるんだから完璧!」という事はありません。

 

繰り返しますが、元彼が面倒だと思わない程度に、日常的に返してくれるような関係づくりが大切なのです。

今の貴女と元彼はどういう頻度でメールをしていますか?

 

・メールをほとんどしていない
・1ヶ月に1回程度
・2週間に1回程度
・1週間に1回程度
・3日に1回程度

 

ざっくりですが、だいたいメールの頻度は上記に当てはまるのかなと思います。

そして、下にいけばいくほど、メールをすることが自然になりつつありますね。

もし今ほとんどメールをしていないなら、月に1回程度メールをしてみましょう。

今2週間に1回程度なら、1週間に1回程度に変えてみましょう。

 

もしありきたりな内容や、メールが楽しく無さそうな雰囲気がするまで、どこまでいけるか試してみても良いと思います。

 

その際、もしこれはまずいと思ったら、必ずこちらからメールを切るようにしてください。

 

「明日早いからそろそろ寝るね。おやすみ。」

など、何でも良いので理由をつけて、メールを止めてしまってください。

楽しくないメールをダラダラ返せば返すほど、貴女に対する好感度は下がっていきます。

また、相手からメールの返信が返ってこなくなると、次にこちから送りにくいですよね。

元彼の性格や、元彼と貴女の関係性で適度なメールの感覚というのは変わります。

適切な距離かどうか、彼のメール内容で判断する

適度な間隔でメールができてるかどうかは、元彼から送られてくるメールの内容で判断してみてください。

 

【元彼がメールを楽しんでいる場合】
・貴女の意見に対して、自分の意見を話してくれている
・貴女の話だけじゃなくて、自分の話をしてくれる
・画像やラインスタンプを文章と一緒に送ってくれる

 

【元彼がメールを楽しんでいない場合】
・返事が「うん」など、そっけない
・自分の話をせずに、相槌しかうってくれない
・メールの長さが貴女と比べて非常に短い

 

「メールを楽しんでいる場合」に当てはまるときは、しばらくメールを続けてもいいでしょうし、メールの頻度をあげてみても良いでしょう。

反対に「メールを楽しんでいない場合」に当てはまるときは、元彼がいつ返信を辞めるか危うい状態かもしれません。

こちからメールを早めにきり、次のメールが送りにくくならないように対策をしたほうが良いでしょう。

 

また、メールの作成方法についてはこちらの記事で触れていますので、合わせてご一読ください。
>>元彼と復縁するためのメールの作り方と5つの例文集

まとめ

元彼と貴女の性格、2人の関係性によって適度なメールの間隔というの変わります。

自分で相手から送られてくるメールを頼りに、判断していくしかありません。

 

ただ、無理にメールを続けることだけは避けましょう。

 

そもそも復縁におけるメールの役割というのは、「メールしても自然な状況を作ること」と、「会う約束を取り付けること」です。

今連絡をとる事ができるなら、チャンスが来るまで現状維持で良いと思います。

気軽に連絡をとれる関係を継続しながら、復縁のきかっけを作っていきましょう。

 

復縁のきっかけについては、こちらの記事もご一読ください。
>>元彼との復縁を成功させる「きっかけづくり」2パターン