本日紹介させていただくおまじないは、元彼に新しい彼女ができた時に使うものです。

目的はもちろん「元彼と新しい彼女を別れさせる」こと。

そんな、ちょっと強いおまじないを紹介したいと思います。

おなじないのやり方

このおまじないを説明する前に、一つだけ約束して欲しいことがあります。

それは、やりすぎないこと。

なぜなら「別れさせる」という強い思いをこめたおまじないは、必要以上に貴女を疲れさせてしまうかもしれないからです。

 

そうすることで、貴女が弱ってしまったら…何の意味もありません。

 

そもそもおまじないとは、小さな願いを叶えるためのもの。

強すぎるおまじないは「呪い」などと呼ばれて区別されてきた歴史があります。

 

呪いは失敗すると全て自分に帰ってくるというのは、有名な話ですね。

おまじないに「失敗すると自分に帰ってくる」という話がないのは「呪い」ではないから…ということは絶対に忘れないようにしましょう。

 

今回のおまじないは、お水を使うものです。

誰かを別れさせるおまじないは、別れさせたい二人の名前を必要とするものが多いですが、今回の物は違います。

なので、元彼の新しい彼女の名前を知らなくても使えますので安心して読み進めてください。

まず新品のコップに水をなみなみと注ぎます。

表面張力を利用してぎりぎりまで入れましょう。

このあとやることで、水が溢れますので台所などで行うと良いかもしれません。

 

次に紙を一枚用意します。

それを貴女がイメージする花びらの形に切り抜いてください。

それを静かにコップへと浮かべます。

 

その浮かんだ花びらを「彼を返してください」と唱えながら人差し指で沈めます。

花びらが浮いてきてしまったら、もう一度同じことをします。

何回繰り返しても構いません。

それで花びらが沈んだら、その水を花びらごと捨てて完了です。

この時に絶対「別れてください」とは願わないでください。

おまじないのポイント

この方法は、先ほどお話したとおり呪いではありません。

「別れてください」ではなく「返してください」と願うのもそのためです。

呪いなどを安易に行ってしまっては、貴女の部屋に「呪いに使ったアイテム」が残ってしまうので…ちょっと怖いですよね。

 

でもこの方法なら安心。

呪いではないですから、コップも綺麗に洗って普通に使えます。

捨てた花びらと水。

ここで貴女は、彼へのどろどろした気持ちも一緒に捨てているのです。

 

別れて欲しい…

そう思う気持は良くわかります。

だからこそ、そんな時は「呪い」より「気持ちを洗い流すおまじない」を行うほうが良いのです。

綺麗になった貴女のところに彼が帰ってきたくなる。

このおまじないは、そんなおまじないだということを思いながら行ってください。

さきの一言アドバイス

このおまじないを私が知った時は、とてもうれしい気持ちになりました。

「別れさせる」おまじないは過激で、呪いの真似事のようなおまじないが多いですがそんなことをしていては、精神的にも暗い方へ流れていってしまいます。

それでは、元彼と新しい彼女が別れても、貴女が振り向いて貰える確率が下がってしまいますよね。

 

だからこそ、今回のような「気持ちを浄化するおまじない」を見つけた時、私はうれしかったのです。

 

元彼に新しい彼女ができてしまった…そんな時はとてもつらいとは思います。

それでも、暗い気持ちに飲み込まれず、まっすぐに前を向くためにおまじないをする。

そんな素敵な女性になってください。

当サイトでは、このようなおまじない以外に、復縁の具体的なノウハウを紹介しています。

その中には、元彼に新しい彼女ができたときの攻略法もありますので合わせて参考にしてください。

▼元彼に新しい彼女ができた時、貴女はどうしますか?
>>元彼に新しい彼女ができた時、復縁するための3ステップ