旦那と別居したからとあきらめないで!

旦那との別居。

これは、意外とよくあるケースですね。

 

「このまま離婚してしまうんじゃ…」

そう心配されている方も多いと思いますが、まずは落ち着いてください。

 

なぜなら、別居からの離婚は必ずおきるわけではないからなのです。

通常、離婚に至るときは「別居」というものを間にはさみません。

 

離婚が決まっていない時の別居は…

「どうしたら良いかわからない」問題や「簡単に決められない」問題を抱えている場合が多いのです。

 

▼離婚した場合はどうするの?
>>離婚した元旦那との復縁を成功させるために必要な4つの行動

 

つまり「今すぐに別れれないから」別居しているのですね。

 

そんな時は貴女には、旦那の心を取り戻す時間があります。

 

その時間をどう活かすか…そこに貴女が復縁できるかどうかがかかっています。

本日は、そんな「別居」という時間を、いかにプラスに変えて復縁するかというお話です。

別居の旦那との復縁に活かしたい3つのお話

では、ここから3つのお話をしていきます。

1:離れているというメリット

2:妻ではなく、彼女という視点

3:不倫から学ぶ復縁方法

というお話。

 

このそれぞれには「別居中」だからこそ活かせることが、いくつも入っています。

それを貴女の生活にとりいれることで、もう一度夫婦をやりなおすのです。

それでは、早速見ていきましょう。

1:離れているというメリット

はっきり言って、別居というのはかなりメリットのある状態です。

 

なぜなら

・毎日顔を突き合わせる

という夫婦関係の大きな要素が無いからです。

 

この「毎日」は、仲の良い時は素晴らしいことなのですが、トラブルに発展した場合は結構困りますよね。

 

喧嘩をした時に「毎日いるからこそ」見えてしまうお互いの嫌な部分まで言い合ってしまって…

なんてよくあるパターンじゃないでしょうか。

 

そのようなことが発生しない。

これが別居のメリットなのです。

 

だからこそ、別居からの復縁は

・焦って別居を解消しようとしない

ということが大切です。

 

まず、気持ちを近づけ、別居状態で何度も会い、そこから自然に別居を解消。

これがベストです。

 

もし、無理して別居を解消すると、余計に関係がこじれて最悪「離婚」するかもしれません。

「別居でもダメだったから離婚するしかない」

こう思われてしまったら終わりです。

 

では、どのように別居状態を活かしたら良いのでしょうか。

それは別居を「冷却期間」ととらえること。

お互いの気持を落ち着ける冷却期間。

そのための別居だと考えましょう。

▼冷却期間についてより詳しく学ぼう
>>振られた元彼と復縁!冷却期間の正しい置き方まとめ

妻でなく、彼女という視点

突然ですが、貴女は恋愛婚でしょうか、それともお見合い婚でしょうか。

 

結婚前に恋愛を経験していれば、よくわかると思いますが

・夫婦関係は、恋愛とは違う

ものです。

 

もちろん全てが違うわけではありませんが、結構大きな差がありますね。

 

だからこそ「恋愛要素」を結婚生活に持ち込むと、かなりの新鮮さを相手に味わせることができるのです。

 

ただ、やりすぎてしまうと「他に男ができた」と疑われることもありますので注意してください。

 

そう思われないためには

・派手な服装や化粧は避ける

・旦那以外の男性と二人きりにならない

など、妻としての自覚は忘れないようにしましょう。

 

では、具体的に「恋愛要素」をとりこむために、何をするのか。

 

それは自分磨きというものです。

この自分磨きは先ほど紹介した「冷却期間」と並び、復縁には欠かせないものだったりします。

この自分磨きを「妻という自覚」をもって行うことで、復縁に近づけていくのです。

▼自分磨きに挑戦してみよう!
>>元彼とよりを戻したい!復縁の可能性を高める3つの自分磨き

 

他にも

・旦那と会うときはデートをするつもりで

という考え方も良いですね。

 

ただ、これも「やりすぎ」には注意してください。

やり過ぎてしまうと、どうしても「おかしく」見られてしまうのです。

よく知っている妻なぶん、極端な変化は逆に受け入れられません。

あくまで自然に、少しずつ自分を変えていきましょう。

この調整はなかなか難しいと思いますが、絶対に守ってください。

 

旦那の手を軽く握る。

「ありがとう」と笑顔で応える。

このようなさりげない行動に気を配りましょう。

 

また、旦那と「会う」理由にもこだわります。

例えば

「食器棚を買いたいんだけど、他に頼める人がいないからお願いできる?」

などです。

このようなお願いをすれば貴女は

・他に頼る男性がいない

というアピールができます。

そしてその感謝はしっかりと伝えます。

 

手伝ってくれた旦那が、気分よく帰宅できるようにする。

別々の家に住んでいる「別居中」は、この気遣いが大切です。

 

これは遠距離恋愛にも少し似ていますね。

▼参考に遠距離恋愛の記事を読む
>>遠距離恋愛で別れた元彼の心理を利用し、復縁する4ステップ

 

当然のことですが、離れているからこそ、久しぶりに会うときや、電話、メールを大切にしなければならないのです。

そのためには、やはり「気遣い」と「知識」が必要ですね。

以下のリンクから、私の書いた「復縁メール」の作り方に飛べますので、参考にしてみてください。

▼適切なメールの作り方を学ぼう
>>元彼と復縁するためのメールの作り方と5つの例文集

 

このような「妻」ではなく「彼女」視点をとりいれることは、他にも色々なメリットがあります。

単純に旦那に「新鮮な気分」を味合わせるだけでなく「良い女になる努力する」ということをアピールできますし、自分自身も成長していけるのです。

気持ちも若返りますね。

気持ちが若くなれば、活動するエネルギーも強くなりますから、どんどんと良い流れにしていくことも可能なのです。

 

自分に「彼女としての自信」がついてきたなら、貴女からのアプローチをさらに強めて行きましょう。

例えば

・綺麗に片付けた自分の家に招待する

などの「家事ができる」ことを見せると良いでしょう。

今更かと思うかもしれませんが、一緒に住んでいる家と、別居の家では新鮮さが違うのです。

 

そこから、旦那の家に掃除をしにいけるようになるとより良いです。
これは料理でも良いですね。

 

ただ、ここで一つ気をつけたいことがあります。

それは

・一緒に住んでいた時よりもしっかりとやる

ということです。

そうすることで「努力している」ことをアピールするのです。

もし、その努力の理由を旦那に聞かれたら

・一緒に住んでいた時は、自分に甘えがあった

だから、もう一度勉強のつもりでやっていると伝えましょう。

 

また、世の中には、掃除や料理が得意な男性がいるので、その場合は

「あなたに比べると、ぜんぜんだめだけど」

と、相手より一歩下がっておきましょう。

そうすることで「アドバイス」をもらい、会話するきっかけを増やすのです。

 

このように、地道に「彼女」のように旦那に自分をアピールしていくのです。

3:不倫から学ぶ復縁方法

不倫。

それは不倫だからこそ、特別なものです。

 

貴女の旦那が不倫しているとが限りませんし、不倫を望んでいるとも限りません。

 

ですが、不倫からは「女」というものを、深く学ぶことができるのです。

 

まず不倫は「結婚」ではありません。

今の貴女とはぜんぜん違うものです。

 

ちょっと想像してみましょう。

もし、今別居中の旦那さんに「彼女」がいたとしたら。

その彼女は「別居中の妻」よりも「女らしい」存在ではないですか?

 

ここに、貴女が学ぶべきポイントがあるのです。

ただ、これは決して「不倫の真似」をしろと言っているわけではないので、誤解しないようにしてください。

 

不倫を想像するこことで「旦那が欲しがっていること」を学び、貴女との夫婦生活に取り入れるのです。

 

一番わかりやすにはセックス。

今、旦那は貴女に性的な魅力を感じていると思いますか?

では不倫しているとしたら、その彼女には性的な魅力を感じていると思いますか?

 

今の質問、貴女は何か思うところはあったのではないでしょうか?

いらだちに近い感情や、落ち込んだ人もいるかもしれません。

でもここで落ち着いて、この物事を見つめてみてください。

 

ここから見えてくること、それは男性が「性」をもとめているということです。

 

これを不倫から学び、貴女のと旦那の関係に取り入れるのです。

 

ではどう取り入れるのか

もし貴女の性的な魅力が「結婚したばかりと比べると減った」と思うなら…思い切って聞いてみればよいのです。

性的な魅力をアピールするのではなく、聞くのです。

「私って昔と比べて、やっぱり性的な魅力なくなったよね」

これくらいストレートでいいです。

ただ、暗くならないように軽く聞いてくださいね。

こういう会話ができること、これが夫婦の強みですね。

 

旦那はちょっと驚くかもしれませんが、貴女が落ち着いて入れば普通に話してくれるでしょう。

そうすることで旦那の「願望」を聞き、取り入れていくのです。

 

こうやって「不倫」から「女」を学び、夫婦だからできる方法で活かしていくのです。

 

他にも「外食」をするというのもあります。

 

毎日家のご飯。

これは幸せでもあり、負担でもあります。

たまに外で食べたい…と思っても、妻が家にいたら「気にしないと」いけませんよね。

 

でも不倫相手なら?

外食することを別に怒ったりしませんよね。

 

これが「同居していた時の貴女」と「不倫相手」の差です。

 

でも、今の貴女は気軽に旦那と外食に行けます。

だって別居しているのですから。

 

この場合は「旦那おすすめのお店」にいくようにしましょう。

そうやって、貴女が「同居していたからこそ」できなかったことを、今こそしていくのです。

 

▼不倫ってどんな人がするの?
>>不倫の彼と復縁する時!貴女にしかできない3つの気遣い

 

まとめ

本日のお話どうでしたでしょうか。

多くの別居中の方が「もうだめだ」とあきらめていますが、その間にやれることは実はたくさんあるのです。

一緒に住んでいるのが当たり前の夫婦にとって「別居」というのはある意味特別な時間なのです。

その特別を「良い特別」にできるかどうか。

これが復縁への鍵なのです。

せっかくした結婚。

 

「一緒に暮らす」ということばかり気にしていては、よくないときもあるのです。

別居中は、別居を解消しようとするよりも、旦那といかに良い別居を過ごすかという事を考えてみるようにしてみてください。