あきらめないで着信拒否…音信不通は終わりじゃない

着信拒否、ブロック、音信不通。

ここで復縁をあきらめる人は多数います。

 

ですが、ここであきらめてはいけません。

はっきり言うと「音信不通」というのは「よくあること」なのです。

 

だからこ「音信不通の攻略」は復縁においてずっと考えられてきたテーマでもあります。

 

絶対のどうにもならなそうに見える、この音信不通。

本当にどうしようもないケースは、実はごく僅かなのです。

 

多くの方が、本当は復縁できるのに音信不通を理由にあきらめています。

そうならないようにするためには、何を知るべきなのか…

今回はそんな大切なお話です。

元彼が貴女を着信拒否した3つの理由

元彼が貴女を着信拒否した理由。

それを知ることは「相手の気持」を知ることでもあるので、復縁に対して大きな力になることがあります。

 

着信拒否をされた時はまず、焦らず

・無理して連絡を取ろうとしない

ようにします。

 

こちらから、一切メールやLINEなども送ってはいけません。

この状況での連絡は、どんな方法であっても逆効果なのです。

 

まず、貴女がやるべきこと、それはやはり「元彼の気持ち」を考えること。

今から3つの「理由」をお話しますから、その中に元彼と同じ気持がないか探してみましょう。

 

その3つとは

理由1:貴女の気持ちがわからない

理由2:今の貴女を嫌がっている

理由3:自己嫌悪

というもの。

ではひとつずつ順番に見ていきましょう。

貴女の気持ちがわからない

意外なようですが、これはとても多い理由です。

男性からすると、女性の行動はとても不可解なものなのです。

例えば

・貴女が元彼と別れたことを友達に話した

というのを元彼が、誰からから聞いた場合。

なんで話すの?

となりがちなのです。

 

他にも貴女がSNSに「別れて寂しい」という内容を書いたとします。

それも「なんで?」

となるのです。

 

分からない行動をとられると、男性というのはとても不安に感じるものなのですね。

だから「話したくない」という心理が働くのです。

理由2:今の貴女を嫌がっている

これはとても単純な理由ですね。

 

別れてから長文メールを送りすぎた…

家に押しかけてしまった…

バイト先に行ってしまった…

このような、元彼が困ってしまう行動をとってしまった結果です。

 

「好き同士で付き合っていたのになんで!」

と思うかもしれませんが、元彼は今「別れたばかりで余裕が無い」のです。

 

「元彼から別れようと言ってきたのに余裕ないの?」

そう思うかもしれませんが「別れよう」と言い出すのも、実はけっこう大変なのです。

厳しい言い方ですが、今の貴女は相手のことを考えているようで、考えているのは自分のことです。

そんな「今の貴女」を元彼は嫌がっているのです。

理由3:自己嫌悪

「あいつを振った俺にはもう連絡を取る資格はない」

勝手なように聞こえますが、こういうような自己嫌悪に入って着信拒否している男性は多数います。

いろいろ考えた結果別れたけど、その事実を受け止めるのに時間がかかっている。

元彼だって人間なんです。

自分の行動が後からプレッシャーになることもあるのです。

音信不通の2つの解決法

3つの理由、どうでしたでしょうか。

元彼が貴女を着信拒否している理由、少しは想像できたでしょうか?

理由を想像できても、貴女と元彼が別の人間な以上、100%の正解はわかりません。

でも想像すること、それが大切なのです。

 

相手の気持を考える、これは音信不通を解く一番の手段なのです。

 

ではここから、そんな音信不通になってしまった「元彼の心」にどう貴女の気持ちを届けるか…というお話をします。

 

その前にとても大切なことをお話します。

 

貴女は「音信不通」と聞くとどうかんじますか?

着信拒否されていても、メールが送れたら音信不通だとは思えませんか?

でも、復縁においては「着信拒否=ブロック=音信不通」と考えてください。

メール、LINE、電話…そのどれか一つでも「元彼が返事をくれない」のであればそれは「音信不通」だとしましょう。

何故そうしなければならないか、それは

どれか一つだとしても「元彼が今貴女と連絡をとりたくない」というのは間違いないからです。

他に連絡できる手段を探して、一生懸命連絡を取ろうとする…

 

これは絶対にやってはいけません。

貴女は電話だけでなく、メールやLINE、SNSでも拒否されたいですか?

今焦っては、余計に傷を深めるだけなのです。

待つということの大切さ

音信不通の場合、まず待つということが大切なことになります。

 

「待っていたら、元彼がどんどん遠くに行ってしまう!」

そう思うかもしれませんが、音信不通になった時の元彼は「すでに遠いところ」にいるのです。

 

むしろ、今の状態のまま連絡を続けていたほうが、より遠いところに行ってしまう可能性があります。

理由1~3

 

このどれもに共通するのは

・元彼に落ち着く時間が必要

ということなのです。

冷静に考えてみてください

 

元彼は「貴女を意識している」から着信拒否をしたのであって

「貴女を忘れたから」着信拒否をしたわけではないのです。

 

LINEでも同じですね。

貴女が何度もLINEするから「着信拒否」したのです。

 

理由3の自己嫌悪だってそうです。

「貴女と別れた」から元彼は自己嫌悪しているのです。

 

その全てに必要なのはやはり「落ち着く時間」

 

この時間さえあれば、元彼も気持ちが楽になり自然と貴女と連絡をとってくれることすらあります。

もし、着信拒否されていて「メールやSNS」でなら連絡が送れるかもしれない状態でも、ここはじっと待ちます。

卑怯なようですが元彼の気持ちが落ち着いた頃に、それらの「残っている連絡法」を利用するのです。

 

だからこそ待つ。

その待ち方は以下の記事を参照してください。

復縁にとってとても大切な「冷却期間」の話です。

この冷却期間は「音信不通」に対する一つの強力な解決法なのです。

▼冷却期間について学ぶ
>>振られた元彼と復縁!冷却期間の正しい置き方まとめ

ストーカーにならない、連絡の方法

待つのが大切。

それでも、ずっと待っているだけでは解決しない…そういう相手もいると思います。

 

その場合はある程度のアプローチを貴女の方からかけていく必要があります。

 

ですが、これは非常に危険。

一歩間違えると「ストーカー」扱いされてしまいます。

 

特に、元彼の自宅やバイト先での待ち伏せなどの、生活に影響することは絶対にやめましょう。

実家に電話する…これもNGです。

 

まずひとつ目のアプローチ方法、それは「メール」です。

SNS、LINE、メールアドレスを知っているなどの方に限られますが、元彼に連絡を取るときは「メール」を使用するようにしましょう。

もちろんそのメールにも、いろいろなルールが有ります。

何も考えず送ってしまったら、無視されるだけです。

 

そのためにはやはり、先ほどお話した「待つ」ことから。

そしてその間に「正しい復縁メールの方法」を学びましょう。

 

復縁メールに関しては、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

 

▼復縁メールについて学ぼう
>>元彼と復縁するためのメールの作り方と5つの例文集

メールも送れないしSNSもブロックされてる…

そんな方は、基本的には「待つ」ことを続けるしかない…となってしまいますが、完全になにもできないわけではありません。

 

例えば共通の友人がいる場合。

これはメールよりも有効な手段が使えることになります。

▼復縁における友人の力について学ぼう
>>友人に協力してもらい、心理的に働きかけ元彼と復縁する方法

 

そしてもう一つ、それは自分のSNSなどを利用するということです。

そこでアピールするのは未練ではなく「自分磨き」をしている姿。

▼自分磨きって何?
>>元彼とよりを戻したい!復縁の可能性を高める3つの自分磨き

 

実は元彼、高確率で貴女のSNSを覗いている可能性があるのです。

 

特に着信拒否をした後などは、結構気にしていたりします。

 

ではその自分磨きをどのようにアピールするか…これが少し難しいのですがいくつかのルールを守れば、どんな人でもちゃんとできるものです。

 

そのルールは

・可哀想な自分を演出、表現しないこと

ということです。

よく「別れて寂しい」ということをSNS上でアピールして、元彼の気を引こうとする人がいますが、それは逆効果なんです。

 

だってそれは「元彼と別れた」ことをアピールしていることになってしまいますからね。

 

だからこそ、SNSを更新するときは

・別れたことは言わない

・楽しそうな写真や日記、つぶやきはしない

ようにしてまず更新のペースを落とすのです。

 

ペースを落とせば、元彼が「落ち込んでいるのかな?」と気にし始める可能性があるのです。

これは「寂しい」とつぶやくよりも強力です。

 

そこからしばらく期間をおいて「元彼にだけわかるように、自分磨きをアピールしていく」のです。

例えば、貴女が「料理の勉強」をはじめたとします。

それをアピールするときは

①料理の勉強始めた!料理楽しい!

②料理勉強してる…もう一回食べてもらいたいな…

③料理を勉強してると、いろいろ考えちゃうけど、がんばろ

の中のどれがいいと思いますか?

正解は③です。

 

①はただ楽しんでいるようにしか見えませんし

②だと「元彼」を知らない人が「誰に食べてもらいたいの?」と質問してきた時に逃げづらいですよね。

③は一見暗い雰囲気に見えるかもしれませんが「何を考えてしまうの?」と聞かれてもどうとでも答えれますよね。

 

このようなかんじのアピール。

これを積み重ねながら「待つ」のです。

気が遠くなるかもしれませんが、音信不通の元彼にアピールするというのはそういうことなのです。

まとめ

今回のお話、とても難しいテーマだと思います。

中には、共通の友人もいないし、連絡手段も一切ない、どこに住んでいるかもわからなくなった…というような本当の「音信不通」もあるからです。

 

このレベルになると、着信拒否された場合の対策ではどうにもならないことがあります。

 

ですが、ほとんどの場合の音信不通は「貴女が何かしてしまったから」という一時的な元彼の反応です。

そのような場合、待ちながら自分を磨き、良いタイミングで「何かしらの方法」でメール、もしくはメールのようなものを送ることで、また連絡が再開することが多いのです。

 

着信拒否、音信不通、ブロック。

この言葉だけ見ると、とても大変なことのように思えますが、そんな時こそ「悲劇に酔わず」冷静に自分を見つめなおしてみましょう。