元彼との復縁のためには、様々な行動を起こし、クリアしていかなければなりません。

いくつものアプローチを経て実現する復縁…

 

でも実際は「失敗が怖くて動けない女性」のほうが多いものです。

 

そしてその恐怖は、通常の恋よりも大きなものである事も多いのです。

 

何故、復縁はそんなに怖いのか。

それは…復縁自体が「別れ」という失敗から始まっているからなのです。

 

そんな中で一人で頑張っていくことは非常に困難ですよね。

でも諦める訳にはいかない。

 

今回は、そんな貴女を支える「4つの裏切らない要素」と、その逆の「裏切る可能性がある罠」についてお話していきます。

元彼との復縁を裏切らない「支える要素」とは

今からお話する4つの要素。

これは、不安定かつ流動的な復縁という道の中で、貴女を裏切らない数少ないものです。

 

時に迷い、時に挫折を味わう。

そんな日々の中で、そのような「裏切らない存在」をちゃんと認識しているかどうかは、かなり重要な事となります。

 

そしてこの裏切らない要素を、確実に身につけることで、復縁というものにリアルに近づいていくのです。

元彼との復縁を裏切らない4つの要素

今からお話する4つの要素。

これはすべての復縁の根源であり、様々なノウハウの芯とも言える事柄です。

ある意味当たり前の事。

それ故に多くの人がないがしろにし、読み飛ばしてしまうのです。

ですがその多くの方達が、この要素を軽んじたからこそ失敗し、またここに戻るところからやり直す…という遠回りをしたという事実もあります。

中には、ここを見直すことを拒み続け「即効性」があると謳われる上辺だけのテクニックばかりを追い続け…という人もいます。

 

厳しく聞こえるかもしれませんが、ここだけははっきりと言わせていただきます。

復縁をしたければ一歩づつ歩く覚悟を

どんなことにも共通することだからこそ、しっかりと。

いきなり走って方向を間違わないように。

どこに進むべきかをちゃんと把握しながら、だんだんとペースを上げていく。

 

だからこそ、最初に必要なのは「走る勇気」ではなく「歩く覚悟」

 

そうすることがある意味での最短ルートなのです。

 

それでは今からその4つの要素。

そしてその要素の大元である「大切なこと」

 

それを順番に紹介していきます。

 

そしてこれを地道にひたすら繰り返していくこと。

これが「復縁」という具体的な道です。

裏切らない要素1「冷静」

これについては、どんな悩みを解決する時にも言われていることですね。

ですが、この冷静さを重視している人はとても少ないものです。

何故なら、復縁中は「焦り」に支配されやすいから。

 

そんな状況下で冷静さを保つのは容易ではありません。

しかし、最初はそれで良いのです。

 

貴女が身につけるべき冷静さは「絶対的な冷静さ」ではなく「自分は今、冷静ではないかもしれない」と思える「小さな疑いにも似た冷静さ」なのです。

 

そこから徐々に復縁という道を歩む中で、強い冷静さを身に着けていく。

それで良いのです。

 

ただ、その「小さな一歩」を見逃して「冷静になったつもり」でいるのは危険です。

 

はっきり言えば

復縁中は冷静であることのほうが少ない

と常に思っておくくらいで良いでしょう。

 

この言葉を、部屋の壁などに貼って日々認識するくらいで、ちょうど良いくらいです。

冷静さとは、そういう日々の何気ない認識を繰り返すことで育てていくものだからです。

「今日は冷静だったかな?」

「今元彼を思い出している私は冷静かな?」

そういうふうに軽く自分に問いかけてください。

強く意識するよりも、軽い問いかけを繰り返す。

 

そうすることで冷静さを身に着けていきます。

強く問いかけすぎて、プレッシャーになり、逆に冷静になれなかった…

こういう風に陥らないようにしましょう。

 

確かに復縁中には自分に強く言い聞かせる場面もありますが、日常は日常

基本は、日々を正しく過ごすために言い聞かせる…そんな程度で良いのです。

 

冷静さを身につけるコツそれは

強く縛るのではなく、こまめに優しく問いかけること

先程お話した「壁に書いて貼っておいた紙」がプレッシャーになるなら、剥がして捨てる。

それくらい気楽に構えることも、ある意味冷静さを身につける上では重要だと言えます。

 

今日ここから続くお話は、

何事にも基礎が大切。

この言葉に行き着くような内容なのですが、まず貴女がやるべきことは「復縁を基礎から実行する」のではなく「復縁における基礎とは何かを知る」ことからなのです。
基礎とは何かを正しく知らなければ、実行しても穴だらけ。

そしてその穴が後々大きく広がり…

そうならないためにも「まず知ろうとする冷静さ」というものが最も大切なのです。

▼冷静のための第一歩
>>失恋した時こそ冷静に!元彼との復縁を成功させる5つの問い

裏切らない要素2「研磨(自分磨き)」

研磨という言葉をご存知でしょうか?

これは、金属などの表面を美しく仕上げるためにする作業のことです。

刃物を研ぐ。

これなどまさに研磨ですね。

 

この研磨という作業は、細かな目の砥石などで、何度も何度も繰り返しその美しさを仕上げて行きます。

 

この研磨とは、美しくするとは言っても、「装飾」とは根本的に違うものです。

 

復縁にとって、この「自分をしっかり磨き上げる」ことは、かなり重要なこととなります。

 

表面的に飾るのではなく、何度も何度も積み重ねて得るもの。

それは絶対に裏切りません。

 

簡単な例をあげるならばスキンケア。

スキンケアは、一日では効果は出ませんが、ちゃんと意識していけば、一月でかわってきますよね。
これが研磨です。

そして、その反対にあるのは装飾。

これは、その日だけの化粧に該当します。

 

確かに化粧は大切ですが、ただ単純に何も考えすに行っていても意味が無いのです。

この、化粧という装飾を、ほんとうの意味で美しく仕上げるためには

ベースとなる肌のケア等の、身体の研磨

彼にとって良い化粧を考える、意識の研磨

この2つの自分磨きが最低限必要となるのです。

 

その理由は、「元彼は元彼」だから。

新しい男性ではなく、ある程度貴女を知っている男性には、表面的なものだけでは足りないのです。

 

だからこそ

自分磨きは表面だけ行っていてはダメ

ということがとても大切なのです。

 

この研磨、何も見た目の話だけではありません。

健康をはじめとする生活のこともあります。

 

これは、部屋の片付けにも似ていますね。

普段、使ったものはすぐしまう癖さえつけておけば、例え一日二日、風邪で寝込んで洗濯物や洗い物が放置されていても、そこまで汚い部屋には見えないものです。

ですがその逆は、成立しません。

汚い部屋を無理やり片付ける…これってそんなに簡単なことではありません。

例え無理して綺麗にできても、疲れてしまうのでその後のいろいろが疎かになることもあるのです。

 

苦言に聞こえるかもしれませんが、一気に片付けてしまおうとする人は、復縁について大きなミスもしやすい傾向にあります。

その瞬発力は確かに武器なのですが、それを発揮したところで、放置していた問題が山積みで、本命まで届かなかったりするのです。

 

そうならないためには

実感が少なくても一日一日を大切に過ごす

ということがとても大切なのです。

▼自分磨きについて学ぼう
>>元彼とよりを戻したい!復縁の可能性を高める3つの自分磨き

裏切らない要素3「知識(テクニック)」

冷静さと自分磨きを心がける日々。

それだけでは心もとない…

その意見はもっともです。

 

そこで貴女が身に着けていくのは、復縁というものをどう攻略していくかという知識なのです。

 

知識とは「テクニック」のこと。

どのような方法で、復縁の中で出てくる問題を解決していくのか。

このハウトゥーを知識として身に着けていくのです。

 

ただ、この知識、いろいろと制約があります。

その中で一番大切なのは

安易に実行しないこと

知っていることと、できること。

これは違うのです。

 

例えば、お酒を使ったテクニックがあったとします。

もっとわかりやすくするために「彼の好きなお酒について、何気ない質問をしてみる」というふうにしましょうか。

 

このテクニック、お酒が好きではない彼氏には通用しませんよね。

だから知るだけにとどめておかなければならないのです。

 

そして、そこから応用するわけですね。

このお酒を「アニメ」や「車」など彼の好きなものに置き換えてみましょう。

そうすれば成立する気がしませんか?

でもそれもダメなのです。

 

何故か。

お酒で通じるとしても、他の事柄全てに当てはまるわけではないからです。

 

これは全てにあり得ることですが(もちろんお酒にも通じます)先ほどのような質問をして、逆に「こいつ、俺に媚びてきてるなぁ」と引かれてしまうこともあるのですね。

テクニックとは、ここまで知って初めて、ほんとうの意味でのテクニックといえるレベルのものになるのです。

 

最初の段階の「彼の好きなお酒について、何気ない質問をしてみる」ということを覚えることは誰でも出来ます。

ですがこれは「知識」とはよべません。

だからこそ知識を身に付ける時には

安易な応用に注意しつつしっかりと学ぶ

必要があるのです。

 

かといって、覚えているだけではダメ。

そこについては次の要素で詳しくお話しましょう。

裏切らない要素4「時間(行動)」

時間。

これは常に流れているものです。

ですが、復縁においては必ずしも平等とはいえません。

人によって、プライベートに使える時間も違います。

そして同じ人でも、日により体調ややらなければならないことも違います。

昨日と今日、仮に両日とも洗濯をしたとしても、量、天気等様々な要因で差が出てきます。

 

このように、時間とは一定だとはいえないのです。

むしろ、様々な要因で、常に大きく変わり続けているものです。

 

その中で行動を起こす。

それは時間と向き合うこととなります。

 

そして「行動」とは、常に時間を消費します。

この消費した時間、これが貴女を裏切らないものとなります。

 

限られた時間内で大切に動く。

これは非常に難しいことです。

 

だからこそ、ここまでにお話した、冷静を意識し、日々自分を磨き上げ、そして学ぶという三大要素がまず必要なのです。

 

その3つの要素を踏まえた上でこなした時間。

これが裏切らない時間(行動)となり、復縁成功という日にしっかりとつながっていくのです。

 

ここで重要なのは

裏切らない要素は全てつながっている

冷静・研磨・知識の上に時間がある

ということです。

 

ここまでの4つの要素。

 

これを総体的にこなしていけるようになること、それが復縁というものです。

良い女になり、彼にもう一度振り向いてもらう。

この事について、真剣に取り組んでみてください。

一番大切なこと「好きだという気持ち」

好きだという気持ち

 

この要素は今までお話した4つの要素よりも、なによりも意味大切なものです。

 

当たり前だと思われるかもしれませんが、この気持ちを素直に認めてあげなければすべての要素は成り立ちません。

好きだから暴走してしまう…だから冷静さが必要

好きだから焦ってしまう…だからこそ自分磨きを続けることが大切

好きだからこそ有効な手段を探してしまう…だからこそ知識による裏付けが大切そして好きだからこそ、苦しいけれど努力を続け、その上に成り立つ時間を過ごしていける

だからこそこの好きだという気持ちは大切なのです。

迷う日もあれば、壁にぶつかる日もある…そんな時はまず、何故自分が日々こんな努力を続けているのか…という

根源をもう一度見つめなおしてみてください。

元彼との復縁を裏切る可能性のある「罠」とは

今からの話は、決してその物事を攻めているわけではありません。

 

ある意味では仕方がない…だからこそ罠なのです。

この罠があるからこそ、復縁は難しい。

そうとも言える要素のお話です。

相談やアドバイスに潜む罠

相談できる人がいる。

これはとても大切なことです。

ですが、これには大きな落とし穴があります。

 

それは相手が人間だということ。

 

どれだけ信頼していても、人間な以上ミスもあります。

 

だからこそ、相談する内容は選ばなければならないのです。

 

またアドバイスというものは「善意」からくるものなので、貴女がそれは違うと思っていてもそれを言い出せないこともあります。

 

余計なお世話。

これは意外と身近にあり、簡単に起こりうるのです。

だからこそ、信頼できる相手でも

相談する時は、余計なお世話をされないかをしっかり意識

という事が必要なのです。

 

相談自体を否定するわけではありませんが「相談する側も意識が大事」ということです。

よく気晴らしに付き合ってもらうのと、相談を一緒に考えてしまっている人がいますが、それは違います。

 

復縁においては

相談とは、明確な目標を持ってするもの

という事を頭においておきましょう。

環境に潜む罠

人を取り巻く環境。

時としてこれは、後押しにもなりますが、一転するとかなりの負担となります。

よく失恋した女性で、職場やSNSなどでその話を必要以上にしてしまう人がいます。

 

その気持はわからなくもないですが、それは自分が振られたという悲しみを伝えると同時に「元彼とは無理だった」という事実も周囲に伝えてしまっているのです。

そうすることで、身動きが取りにくくなってしまった…

復縁の相談をされる方に非常に多いタイプです。

 

確かに復縁成功のためのノウハウは、そういった不利な状況から脱出できるものです。

ですが、マイナス要素は少なければ少ないほうが良い物であることは確か。

 

すでにそういう行動をしてしまった人は、それ以上同じことを繰り返さないようにしてください。

人は思っているより、スキャンダルが好きなものです。

鍵付きのアカウントだから大丈夫…と言う流れから、広がってしまい人間不信になってしまった人もいます。

ですが、最初の原因は自分。

そこからはじまる自己嫌悪は、復縁の進行を大幅に遅らせます。

 

息抜きも大事ですが、無差別に行うのはやめておきましょう。

 

かといって、そういう行動をしてしまうくらいショックなのは事実。

だからこそ

今ではなく明日の自分のために行動する

という風に、自分への優しさも、教訓と同時にもつようにしてあげましょう。

 

そしてもう一つ

やってしまったことはやってしまったこととして諦める

ということも大切です。

 

どんなことをしてしまったとしても、前進するなら「その現状を踏まえ、反省し、その後に活かす」ことからやっていくしかありません。

 

周りに広めてしまい…そこから立ち上がり復縁成功。

これは決して珍しい話ではないのですから。

思い込みに潜む罠

「私なんて最低だ」

「ストーカーと言われたからもう無理」

「長文メールを送って着信拒否されてしまったから何も出来ない」

これはすべて思い込みです。

 

先ほどもお話したとおり、復縁のためのノウハウというものは、このような不利な状況に対応するためのものでもあります。

 

別れて数日て簡単に円満復縁。

 

こんな状態で、ノウハウを求める方などいないと思いませんか?

むしろ拗れているからこそ、人は情報を求めるのです。

大切なのは

嘆くことより進むこと

なのです。

 

「もうだめだ」そうあきらめるくらいなら、一人で一日大泣きして、カラオケでもいって美味しいものを食べて、ストレスを少しでも減らしてみてください。

 

それだけで大きく変わることもあります。

前進するとはそういうことなのです。

ただ、同じ所にいつづけてはいけない。

 

その為には「思い込み」に飲み込まれないようにするのです。

4つの要素を繰り返す、元彼との復縁を目指す日々

どうでしたでしょうか。

 

本日の元彼との復縁を裏切らない4つの要素、そして罠。

このどれも、ごく当たり前に存在していることです。

そこから見えてくるのは

復縁とは当たり前のことの積み重ね

ということなのです。

 

「復縁テクニック」と聞くと「不可能を可能にするような必殺技」のように感じてしまう人は多いかもしれません。

ですが、そんな必殺技は存在しません。

それだけでなく、復縁という道には、「愛していればいつか通じる」や「強い思いは必ず届く」というような抽象的な精神論すらも、あまり存在しないものです。

 

ただあるのは、具体的な方法。

そしてそこに必要なのは確実性。

 

だからこそ、復縁には自分自身というものを少しづつ成長させることが最も有効だと言われているのです。

そのための、体力のような精神力。

 

それは、なんとなくのようなぼんやりしたものではなく、明確なものなのです。

復縁は、進めば進むほど課題はどんどんステップアップしていくものの、この基本は変わりません。

 

ひたすらこの地道に

自分に冷静であるか問いかけ続け

日々自分磨きをし

知識をつけそして

時間を大切にして行動していく

だけです。

 

そしてこれが非常に難しい。

「復縁テクニック」とは、直接的に復縁を成功さるものではなく、この難しい日々の積み重ねを補助したり、効率良く勧める為のものだと思ってください。

 

本当のテクニックは、培った実力の上だけに成り立つものです。

 

ここまで言うと、かなり復縁が遠い気がしてしまうかもしれません。

ですが、それは今日お話した「罠」の一つの「思い込み」です。

 

復縁は「一度付き合っていたからこそ」難しいのですが「一度付き合っていたからこそ」日々の積み重ねの効果が出やすいという一面があるのです。

 

人それぞれの復縁。

その道は様々ですから、自分を見失う日も、もちろんあるでしょう。

 

でも、そんな中でも変わらないのは「貴女自身はちゃんとそこに存在する」という事。

これを絶対に忘れないようにしましょう。