こんにちは、さきです。

貴女が復縁を真剣に考えているのなら、注意しなくてはいけないことがあります。

別れの辛さからついやってしまいがちな自分中心の考え方。

これをやると、復縁どころかストーカー扱いされて、余計に元彼に嫌われてしまいます。

復縁には、そのタブーを排除することが大切です。

彼氏と復縁する際のタブーを知る

タブーを犯さないためには、まずは何をやってはいけないかを知ることから。

今回は、彼氏と復縁する際に気をつけるべき3つのタブーをご紹介します。

復縁のタブー① しつこい態度は慎むこと

元彼に振られて、悲しい気持ちはわかります。

その気持ちを埋めたいために、しつこい態度をとることはよくありません。

具体的には以下のような態度です。

 

・元彼に頻繁にメールやラインをする
・辛い気持ちを押し付けてしまう
・別れてすぐに、「好きだから別れないで」と伝える

 

これは全て、しつこい態度に繋がります。

自分中心で、元彼の気持ちを全く無視している行動で、元彼は追い詰められて貴女を敬遠してしまいます。

復縁のタブー② 別れた現実を認めようとしない

別れたという現実を認めようとしない態度は、貴女の我儘ぶりが発揮されて復縁できる可能性が低くなります。

具体的には以下の状態です。

 

・別れた原因を元彼のせいにする
・別れた原因を納得がいかなくて何度もたずねる
・共通の友達に元彼の悪口を言う

 

彼から「さよなら」と言われているのに、その現実を認めたくないので、自分は
悪くない、全て元彼のせいにしてしまう。

別れた原因をしっかり受け止めることがとても大事です。

復縁のタブー③ 元彼のことを常に監視してしまう

これは、本気でストーカーになってしまうのでやめましょう。

別れたことを受け入れることができなくて、恋人じゃなくなったのに元彼に恋人が
できることを不安に思って、付きまとってしまう…

 

逆で考えて、振った元彼に付きまとわれたら正直気持ち悪いですよね?

 

これでは、元彼は貴女のことが怖くなるだけで、貴女からもっと離れたいと思って
しまいます。

一番残念なことは、復縁どころか貴女の人間性までもが疑われてしまいます。
何故、監視をしてしまうのでしょうか?

心の穴を埋める方法は監視をすることではありません。「別れた」という現実を受
け入れることが大事です。冷静になり、素直に自分を見つけ直してみましょうね。

まとめ

以上、彼氏と復縁する際に気をつけるべき3つのタブーをご紹介しました。

現在の貴女はどうでしょう?

心あたりはありませんか?心あたりのある方は、すぐにでも考え直してみてください。

そして、本気で復縁を考えているのなら、深呼吸をして自分を落ち着かせてみましょう。

 

一度冷静になることで、自分と向き合うことができます。

 

貴女の何がいけなかったのか?

見えてくるはずです。寂しさからくる3つのタブーをもう一度じっくり、読み返し
てみて下さいね。

大丈夫です。きちんと反省をすることで、また一歩前進することができます。

今日からでも、一緒に頑張ってみましょうね。